映画《旅猫リポート》を観てきました~!

水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!の有川浩さん原作、映画《旅猫リポート》を、公開直後のレディースデーに観てきました~! いやぁ、もう泣きましたね。ホント、映画館でこんなに泣いたの、初めてですよ~。厚手のタオルハンカチ、涙用と鼻水用に分けて2枚持って行ってよかった(笑)。どっちもグショグショになりましたもん・・・。本作品は、恋愛絡みの萌えじゃなかったですけど、人と猫が思い合うきずなの優しさ美しさ切なさが描かれていて、やっぱり有川さんの作品の映像化は、素晴らしいです。ナナ役の猫ちゃん(トムくん)、すっごい可愛かった!!そして、福士蒼汰さん・・・・。いまや実力派のイケメン俳優の代表格になりつつある福士さん、素晴らしかった!イケメンとか関係なく、悟そのもの!!もう私、これから悟のビジュアルは、福士さんでしか出てこないなぁ! 内容に関しては、もう言及しない方が良い(←水無月・Rの語彙力文章力に難がありすぎる)ので、映画そのものについて。キャスティング、豪華だわ~。ナナの声が、高畑充希さん。悟の父母が橋本じゅんさん(玄田隊長~!)と木村多江さん。叔母さんが竹内結子さん。悟の高校時代の友達でペンション経営者・スギの妻・千佳子が広瀬アリスさん。そのペンションの猫・モモの声が沢城みゆきさん、犬・虎丸の声が前野智昭さん(アニメ図書館戦争コンビ!)。他にも、私の好きな俳優さんたちが多くて、鑑賞しながら心の中でキャーキャー言ってました~♪ 動物キャストたちも、本当に素敵だった。ナナのちょっと巻き毛が…

続きを読む

『絶対正義』/秋吉理香子 ◎

評価は◎ですけどぉ~~~。でも、読後感は、最悪ですよ・・・秋𠮷理香子さん・・・。前評判は思いっきり聞いてたんで、覚悟してたんですけど、設定から展開から、もうイヤミス感全開で。・・・この読後感の酷さは、正直久しぶりです。だけど、グイグイ読まされてしまう。怖ろしい。『絶対正義』を標榜する範子、範子に助けられたことがあるのに、彼女のその「正義」の犠牲にもなった4人の女たち。あ~、怖ろしい話だったわ~。しかし、その〈絶対正義の持つ迫力〉は、凄まじい。ということで、評価は◎なのでした・・・。 範子の「正義」は「法に則るもの」であり、温情や社会通念などは法に則さなければ悪である、という言動の頑なさに辟易して、最初の頃は「うわ~いやだ~私には無理~」しか思えなくて、読み進むのがつらかったです・・・。でも、途中から「彼女たちはどうやって助けられ、そしてどのように彼女の正義に踏みにじられたのか」「彼女たちはどうやって犯行を隠しきったのか」が気になって、グイグイとスピードアップ。 4人はそれぞれ、範子の言動に衝撃を受けつつも「確かに、正義は正しいもんね」と受け入れ、助けられ、感謝し、そして・・・範子の〈絶対正義〉に踏みにじられる。その過程が、気分悪くて仕方ない。彼女たちがした不正或いは不義は、確かに法に触れるものだったかもしれない。だが、正直、もっとひどいことを平気でしている者はいるし、その正義を振り回すことで傷つくものも多くいるのに。正義って、単なる基準なのだなぁ・・・、ということに気付かされました。ああ・・・…

続きを読む

『末枯れの花守』/菅浩江 ◎

今まで菅浩江さんの作品と言えば、〈人〉と〈機械〉の遠い未来を描いた優しく切ない物語、というイメージだったのですが、本作『末枯れの花守』は全く違う世界観の物語でした。でも、こういう和風の幻想世界ものも、大好きです。美しくも温かく切ない世界を、堪能しました! 思いが深まりすぎる者を「永遠の花としてやろう」と誘いに来る、2人の美姫・常世姫と永世姫。姫君たちから、その者を守らんと参じる青葉時実とその配下の十郎と五郎。彼らの攻防と、標的になった者の事情と、時実の主・日照間の悲しみの原因が、美しい花々が舞い散る中でゆるゆると語られる。「朝顔」「曼殊沙華」「寒牡丹」「山百合」「老松」、5章それぞれ、姫君たちは〈人〉を彼らの思いを託した〈永遠の花〉にしてやろう、と誘いをかける。 いやぁ、耽美でしたなぁ。姫君たちの衣装の豪華なこと!!彼女らが弄ぶ、永遠の花を封じ込めた装束や家具や景色。そして、甘言を弄して人を誘い込もうとするときの、艶やかな顔立ち。時実たちに意を阻まれたときの、美しいながらも鬼の如き形相。相反して、徹底して怜悧な時実。文章から立ち上がる噎せ返るような花の香りと、思いが深まりすぎてしまう人の業の深さが絡まり合って、濃厚すぎる情念が充ち満ちて、そして最後には時実によって清涼に払われる様子。 いかんいかん・・・、感傷的な書き方をしてしまいました。どの物語も、姫君たちが誘いに行く人々の業の深さが尋常でないながらも、でもきっとこれぐらいの情は誰の中にも潜んでいそうで、読んでてちょっと抉られました。いや、…

続きを読む

『お迎えに上がりました。国土交通省国土政策局幽冥推進課(2)』/竹林七草 ◎

前作『お迎えに上がりました。~国土交通省国土政策局幽冥推進課~』があまりにも面白かったので、すぐに図書館の予約を入れたんですが、順番が回ってくるのに2か月ほどかかりました。 いやぁ、本作『お迎えに上がりました。国土交通省国土政策局幽冥推進課(2)』も、大変面白かったですよ~、竹林七草さん!! 元国民の〈地縛霊〉の心残りを晴らして、心安らかに幽冥界へと異動して頂く、という仕事の幽冥推進課。新人職員(有期雇用)の朝霧夕霞は、幽冥推進課初の〈生きてる人間職員〉である。 雇用されて1か月、化け猫(ちょっと違うか)火車先輩をリュックに背負い、相変わらずの奮闘ぶり。 前作は、とにかく右も左もわからない状態から、それでも夕霞の真剣な気持ちと優しい心遣いでもって、少しずつ成長する物語でしたが、本作は「成長したが故の迷いと悩み」と「それでも全力を尽くして前向きに進んでいこうとする」という方向性の物語でしたね。 今までの仕事相手は地縛霊だったのですが、本作では「生霊」「幽冥推進課のお仕事で立ち退きしてもらう相手ではない地縛霊」「神様」と、更にバリエーションを広げて来ました。 サクサク読めるので、あらすじとかは書きません。例によって、気に入ったところなどを。 いやぁ、オッパショ石ですよ(笑)。「オッパショ(おんぶして~)」とシクシク泣き、おんぶしてやるとどんどん重くなるという、子泣き爺みたいな石なんですが、それをどうにかして山の上からふもとの病院まで持って行こうという奮闘する夕霞、自力の徒…

続きを読む

『クリスマスを探偵と』/伊坂幸太郎(文)・マヌエーレ・フィオール(絵) 〇

伊坂幸太郎さんが大学一年生の時に書いた短編小説をもとに、挿絵を入れ〈クリスマスのプレゼント〉に出来る形にした、伊坂風〈聖夜の奇跡〉の物語。絵本という形でありますが、大人にも読み応えある『クリスマスを探偵と』、軽めの会話にこっそり張り巡らされる伏線、その回収の鮮やかさに、やっぱり伊坂さんだよねぇ、と嬉しくなりました。 先ほど、大人にも読み応えあると書きましたが、どっちかというと子供向けではない・・・と言えるんじゃないでしょうか(笑)。というのも「サンタクロースはいない」とか「父親の浮気調査」とか、小さいお子さん向けじゃない話題がチラホラ・・・でしたね(笑)。 クリスマスの夜、ある男を尾行する探偵・カール。尾行していた男が大きな屋敷に入ったのを見届け、見張りをしようと近くの公園に入ると、若い男がいて二人の会話が始まる。お互いの仕事についてや今日がクリスマスであることからクリスマスの苦い思い出を語り合ううちに、若い男はクリスマスに関わる諸説と絡めて、カールの苦い思い出にこじつけのような気休めのような解釈を付ける。それに納得できず反論をするカールに、新たな解釈を差し出す若い男。そして、屋敷から出てきた男の扮装が「サンタクロース」だったことから、若い男の解釈もあながち・・・?~~サンタクロースにも休憩があるんだな~~(本文より引用) 会話に紛れ込む、ちょっとした伏線。それを鮮やかに回収して、そしてカールの「家族へのわだかまり」がふっと薄れる瞬間が訪れ、そして読者がニンマリするオチが来る。いやぁ、伊坂さ…

続きを読む

『落陽』/朝井まかて 〇

身辺慌ただしい時期に、飛び飛びで読んだせいもあってか、どうにも集中できず、なんか申し訳ない気分になってしまいました(^^;)。明治帝崩御により東京に神宮を造営するという壮大な事業を追う新聞記者の瀬尾を通して、「明治」という時代とその時代を作った「帝」と市井の人々に思いを馳せる物語。朝井まかてさんが「明治」という時代の名残の光を丁寧に描いた、『落陽』。 羽織ゴロとも呼ばれる三流新聞記者・瀬尾亮一は、明治帝の崩御に際して「時代」「それを支えた人々」を強く意識するようになる。同僚の伊藤響子がつかんだ「東京に神宮造営」というネタに何故か心惹かれ、三流紙には似合わないと渋る社主であり編集長の武藤の許可を取り付け、使える記事にすべく奔走を始める。 神宮造営の物語でもあるけれど、どちらかというと主役は「明治という時代」であったように思いますね。さらに言えば「その時代の人々の心の支えとなった明治帝」を慮り、その心情を追う瀬尾の未だ記事にならない文章のための取材の一つ一つが、物語を形作っていた…と思います。 所属していた三流新聞社が倒産して、収入の当てもないままに京都へ行き、わずかな伝手しかない元宮中女官を連日訪ねる瀬尾から、彼の真摯な思いが伝わってきて、わずかでも彼の情熱が報われたらいいと願いました。そして、元女官との会見が叶い、彼女の語る宮中のエピソードに求めていた情報とは少し違ったかもしれないけれど、また一ついずれ彼の描く文章の重要な下地となるものを得られた…と、なんとなく安堵しました。最後の章で瀬尾が…

続きを読む