『あとは野となれ大和撫子』/宮内悠介 ◎

いやぁ、面白かった!!大統領が暗殺され、議員たちは一斉に遁走、残されたのは後宮(と言ってもいわゆる妾女の住処ではなく女性の教育機関)の女性たち、という中央アジアの架空の国・アラルスタンを舞台に、その後宮の女性たちが国を守り支える奮闘を描いた、爽快な物語。『あとは野となれ大和撫子』という軽快なタイトル、高等教育を受けた女性たちの苦悩はありながらも溌溂とした働き、弾む会話、若さゆえの無謀さ大胆さ、大変面白く読ませていただきました、宮内悠介さん!!イスラム世界で、これだけ女性が活躍する(しかも政治とか軍事とかに)というのが、意外ながら清々しくて気持ちよく読めました! 干上がってしまったアラル海に自治共和国として発足した、アラルスタン。砂漠の環境改造技術を手に、各地の移民、遊牧民を住民として受け入れ、国家の形を整えてきた。その独立記念日の大統領演説の真っ最中に、その大統領が狙撃され、死亡。国家の危機に奔走するはずの議員たちは雪崩を打って逃走し、混迷を極める事態―― に一石を投じたのは、後宮の若きリーダー・アイシャとその仲間たちだった。 反政府ゲリラは攻め込んでくる、隣国は油田を占拠する、そんな外憂だけではなく、同じ後宮の上の世代からの横槍や、若い女たちと侮る官僚たちなど、内患も尽きない。そんな中で、大統領代行・アイシャのリーダーシップや文化相・ジャミラの機転、国防相・ナツキの大胆な働きが活き活きと描かれ、次々と訪れる困難をしのぐ様子を、こぶしを握って応援しながら読んでいました。 政情安定しない中央ア…

続きを読む

『火の中の竜 ~ネットコンサルト「さらまんどら」の炎上事件簿~』/汀こもるの 〇

車椅子の美青年所長・オメガ率いる、ネットよろず相談所「さらまんどら」。彼らの得意な分野は「炎上案件」。店のサイトが炎上してしまったパソコン教室の生徒を連れて行った「先生」こと「ぼく」も、その仲間に加わることになり、事件にかかわっていくことに・・・。汀こもるのさん、初読み作家さんです。勢いのある展開で、大変読みやすかったです。『火の中の竜 ~ネットコンサルト「さらまんどら」の炎上事件簿~』、今時感満載でした。ネットってなんとなく使ってるけど、便利な分落とし穴もあるんだなぁと、今更ながら感じました。 メディアワークス文庫ですから、まあがっつりラノベ調。イケメン二人の表紙も「不敵な笑みを浮かべるインテリヤクザ風」と「真面目そうな優男」という、まあグイグイ引っ張りますね(笑)。このインテリヤクザ風が所長のオメガ。筋力がだんだん落ちて最終的には心臓などの不随意筋も動かなくなるという難病に侵されている、薄倖の美青年・・・と言いたいところだけど、まあ口を開けば「炎上メシウマ」「私は失うもののない年金生活者だから」とネットトラブルに突入していく、口数多く車椅子で外出もこなすキャラ立ち。そのオメガと同居する小学生男子・リセと女子高生・サクラ(二人とも事情持ちで引きこもり)、本作ではあまり活躍のなかったコミュ障の校閲(成人女性)、マリー(ガタイの良い成人男性なんだけど…)も「さらまんどら」のメンバー。それぞれ、かなりの個性がある人々ですな。そして本作で新規加入?した先生だけど、最初の方でサラッととんでもないヒントを…

続きを読む

『ディレクターズ・カット』/歌野晶午 ◎

う~わ~。後味悪~い。さすが歌野晶午さんだよなぁ(^^;)。まさに、『ディレクターズ・カット』。肥大化する自己顕示欲(承認欲求)、捩くれ暴走する「脚色された事実」、救いのないラスト。しかも、実際ありそうなディティールの連続で、読んでいてゾワゾワしました。 知り合いの若者たちを使ってやらせ動画を作成していた製作会社のディレクター・長谷見に、若者の一人・虎太郎から「刺された、アンタの仕込みだろう!」と抗議の一報が入る。寝耳に水の長谷見は現場に駆け付け、虎太郎や周辺に取材を敢行し、警察にはまだ届けるなと言い渡す。長谷見は、虎太郎が拾った名刺「美容師・川島輪生」をもとに、視聴率のために警察に先んじて調査を続けた結果大スクープをモノにするが、警察への通報を遅らせたため、無期停職処分を受けてしまう。一度はTV業界への復讐を考えた長谷見だが、何度かの失敗を経て、再度TVへの復帰を目指して大勝負を打とうとするが・・・。 やらせ動画のためだけではなく、自分たちの憂さ晴らしもかねて傍若無人に行動する若者たち、非常に気分が悪いオープニングでした。そして、職場で無視されいじめられている青年・川島(悪意あるあだ名がリンネ)の故意ではなかった犯行と、そこから暴発する鬱屈と重ねられる犯行にも、胃が重くなってきました。 基本的な視点は長谷見のものなので、彼の「視聴率第一主義」にもイライラする。彼の周辺の若者たちも、自分が良ければそれでいいという身勝手さが目立つ。 でも、どれも現代にはありがちというか、全然フィクションじゃ…

続きを読む

『異人館画廊 ~失われた絵と学園の秘密~』/谷瑞恵 〇

絵画に対する感性の鋭さや両親の養育放棄からイギリスへ留学し、スキップで大学で図像学を修めた此花千景は祖父の死後帰国し、祖母の営む「異人館画廊」で暮らしている。千景も一員である稀覯絵画鑑賞グループ・キューブのメンバーが関わる、図像が使われているという絵画にまつわる事件を描く〈異人館画廊〉シリーズ。5冊目にあたる本作『異人館画廊 ~失われた絵と学園の秘密~』は、調査のため美術高校に編入した千景が、同年代の少年少女と関わることで影響を受け、頑なな心を少しずつ和らげていく。ところで谷瑞恵さん、千景の誘拐事件の真相はいつ語られるんでしょうか?!その日が待ち遠しすぎるんですが!! 本編で時折触れられる、千景の幼少時の誘拐事件。事件そのものの記憶がほとんどなく、それ以前のことも曖昧な記憶しかない千景は、当時仲良くしていたはずの透磨に対して苦手意識があった。その気持ちから突っかかることもしばしばあり、透磨の方も千景が過去を思い出すことで傷つくことを恐れて、千景に対して距離の取り方を逡巡している。5作目ともなると、「むかつくわ」と言いながらも頼りにしている様子が、だんだん緩やかに描かれるようになってきてはいますが、なかなかこの二人、難しいですねぇ。2人とも、頭が良くてプライドが高いから、相手の反応や自分の気持ちの揺れを考えすぎてしまってます。素直になればいいのに・・・と思っちゃいます、オバチャン。 呪いの絵を描けるという噂の女生徒が、美術室の窓から転落した。彼女がコンクールに応募するはずだった作品が行方不明とな…

続きを読む