『ずうのめ人形』/澤村伊智 ◎

2年半前、『ぼぎわんが、来る』で私を恐怖のどん底にたたき落としてくれた澤村伊智さん。本作『ずうのめ人形』も、最初はグロくはあるものの普通のホラーに見えていたのが、途中からとんでもない展開に。「ホラー読むなら、夏だよな」と思って意気揚々と図書館から借りて来たんですが、背筋凍りましたわ~。 オカルト雑誌編集部でバイトをしている青年・藤間は、原稿が間に合わなかったライターの様子を見に行かされ、そのライターの変死体を見付けてしまう。後日、一緒に様子を見に行った岩間が現場から盗み出した原稿のコピーを、彼から渡され読んでしまい、その物語に出てくる〈ずうのめ人形〉に追われることになる。死んでしまったライターの代役・野崎とその婚約者・比嘉真琴が編集部に来た時、岩間から「今、怪異に襲われている」と助けを呼ぶ電話が入るが、彼を救出することは出来ず…。 4日かけてだんだん近づいてくる、顔を赤い糸でぐるぐる巻きにされた日本人形。その起源を描いた作中作『ずうのめ人形の思い出』。その原稿を読んだ人は、ずうのめ人形が見えるようになる。 人形がだんだん近づいてくるのも怖いし、4日後の死にざまの無惨さはかなりグロテスク。それが怖い・・・ところまでは、普通のホラーどまりだったのですが。原稿の中に「比嘉美晴(真琴の姉で能力者)」が出てきた辺りから、作中作がリアルさを帯びてくる。しかも、作り話のはずの「ずうのめ人形」が呪いを発動するようになったことが明らかになる。 いやあ、怖かったです。人形が怖いという単純なものから、「ずうのめ…

続きを読む

『世界はハッピーエンドでできている(2)』/下西屋 ◎(コミックス)

前巻『世界はハッピーエンドでできている』同様、「登場人物(ひと・モノ・妖怪など問わず)みんながすべて幸せになれる」物語たち。上っ面の優しさではなく、本当にその人の背景にまで踏み込んだ上での酸いも甘いも噛み分けたやさしさがあるので、ちょっと心が痛んだとしても、必ず幸せな気持ちになれます。下西屋さん、ホントに最高です!『世界はハッピーエンドでできている(2)』、しんみりほっこり、温かい笑いと真摯さが充ち溢れる、素晴らしいコミックスです。 どの話が一番いいかって、そんなの順列付けられません! 本作で一番好きなキャラは、「マッチ売りの少女」のゲスマッチ社長(笑)かな。マッチが売れなくて、シンデレラの暖かい幸せな家を見てダークサイドに堕ちそうになった時は、本当に胸が痛くなりました。そこからおばあさんのことを思い出し(しかし、この作者さんの描くおばあさんは、なんで皆揃って力強いんだろうね(笑))、そこからヒット商品になるアイデアが出てきて、ホントにほっとしました。〈悪人顔〉も実は素敵だし、経営者として抜け目のないところも、ワーカホリックで休日を持て余した末に熱出したら秘書さんがケーキ持ってきてくれたりすることとか、本当にニヤニヤしてしまいます。描き下ろしでは、秘書さんと「人魚姫」の姫の友達アイドルのライブに行ってるけど、2人の関係はいかに(笑)みたいなところも好きですねぇ。 「不思議の国のアリス」の物語も、深い。ウサギの「誰の夢なんでしょうね」にちょっとドキッとするけど、アリ造班長の「君の人生の雇い主は…

続きを読む

『殺戮にいたる病』/我孫子武丸 〇

うん、実は〈叙述トリック〉ってことは、知ってて読んだんですよね。な・の・に!まるっと騙されました・・・最後の最後まで!!いや、最初の方で「んん?なんかこれおかしくないか?」って思ったんですけどね、殺人描写のグロさに目眩まされちゃって、そっちに気が行ってしまって(グロいのはあんまり得意じゃないんで)。我孫子武丸さんの『殺戮にいたる病』、新聞だったか雑誌だったかの書評で〈叙述トリックの至宝〉とかなんとか、紹介されててですね、「じゃあ、騙されるわけにはいかないわな(笑)」ってリスト入りしたんですよ。それがまあ、全くもって、まるっと騙されました。(まあ、水無月・Rの脳内処理能力じゃそうなっても仕方ないのかも) 先ほども書きましたが、なんかおかしいなぁ、違和感あるなぁ・・・とは、思ったんですよ。途中々々にも「なんか表現が古臭いなぁ」と思わなくもなかったのですけどね。だけど、まさか、ねぇ。犯人が女性を見付けてあっさりと犯行に及び、それに関して勝手に自分で美化した思いを縷々、吐露してるのを読んでると、すっかり騙されちゃうというか、うぇぇ~って感じてしまって誤魔化されちゃうんですよねぇ。いや、ホントもう、完敗。 次々に女性を殺してその遺体を損壊した上に、持ち帰って更に凌辱するという、犯人・蒲生稔。息子の挙動がおかしいことから、連続殺人犯は息子なのではないか、と疑う母・蒲生雅子。知人が連続殺人の被害者となり、その妹と共に独自捜査を始めてしまう退職刑事・樋口。この三人の視点で、犯行とその背景が語られていく。 稔…

続きを読む

『砂上』/桜木紫乃 〇

北海道の片隅で細々と生きている、作家志望の柊玲央。数年前に離婚した元夫からの慰謝料とビストロ勤務で、何とか生活をしている。桜木紫乃さんの描く作家という者の業の物語『砂上』は、桜木さんの私小説ではないかと思うほどのリアルさをもって丹念に書き込まれる〈虚構〉の切実さが、狂おしい物語でした。 玲央の応募したエッセイ大賞を主宰する婦人誌の女性編集者・小川乙三(おとみ)が、ついで扱いで玲央を訪ねてきた。乙三は、以前勤めていた出版社で、新人賞に応募した玲央の作品を読んでいたという。彼女は「柊さん、あなた、なぜ小説を書くんですか」、と問いかけ、玲央の作品に共通するモチーフを練り直して、再度小説に仕上げてみないかという。乙三に「主体性がない」と言われた玲央は、何度も何度も文章を練りなおし、自分の半生と母親の人生をたどりながら描いた『砂上』は、そのたびに乙三に「客観性を持たせるために3人称で描くように」「書き手が傷つかない物語など、読者は求めていない」と修正を求められる。 〈物語を生み出すということはかようなまでに熾烈である〉という、身を切り刻み、過去をえぐり、更にそれを〈現実かと錯覚されるほどリアルな虚構〉へと落とす作業。ただそれなりのものが書ける、というだけだった玲央が、乙三の指摘に応えるために母と妹(実は自分が産んだ娘)と自分を丹念に調べ上げ、その事実を熟成させていき、何度も何度も壁に当たりボロボロになりながらも、ひたすら前進していく姿。それが明るく輝かしい未来ではなく、元夫からの慰謝料の減額そして消失、…

続きを読む

『世界はハッピーエンドでできている(1)』/下西屋 ◎ (コミックス)

〈タテ読みタダ読み♪〉は過去のこととなって久しい(笑)、縦読みマンガアプリ・〈comico〉。長らく連載を読み続けて来た作品が、とうとう完結しました。ずっと〈タダ読み〉させて頂いてたんですけどね、最終話を読んだらどうしても「紙の書籍」でほしくなり、楽天ブックスでポチってしまいました♪下西屋さんの『世界はハッピーエンドでできている(1)』。誰もが知っている童話を、登場人物(というか動物や物体ですら)すべてが幸せになれるどころか、読者までハッピーにしてくれるという、素晴らしい作品なんですよ!もうホント、大好きです。 一番手の「桃太郎」から、愛と笑いとツッコミ処が満載で、読んでいて楽しくて楽しくて仕方ないのですよ。桃から生まれた桃太郎が、自分の名前「正義(ぴーち)」を求めるという、深い根本があるにもかかわらず、可愛いハチくんとか、「小太りなじいさん」とか、ヒーロー番組の悪役になって奥様方に人気が出たりとか、ニヤニヤしたりほっこりしたりしちゃうのですよ。 そのぴーちの義理の妹が「かぐや姫」のかぐちゃん(極度のオタク)だったり、「三匹の子豚」のオオカミと「赤ずきん」のオオカミが親戚だったり、「白雪姫」が筋肉姫だったり、白雪姫の継母王妃が素敵な為政者だったり、「七匹の子ヤギ」の長男が一番ピュアだったり、もうホント、どの話も大好きです。 しかも、1つの童話に対してたくさんの4コマ(そう、何ページもあるストーリー漫画じゃない)があって、それが一つ一つ、上っ面のハッピーじゃなくてそれぞれの立場に踏み込んで、酸…

続きを読む