『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』荻原規子 ◎

荻原規子さんの〈RDG レッドデータガール〉シリーズの最終巻を読んだのがもう、6年も前ですかぁ・・・。本作『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』は、深行視点の短編3つと真響視点の中編1つからなる、スピンオフ作品です。本編はほぼ泉水子目線でストーリーが展開していたので、別の人の視点で本編の間の出来事やその後のことを知れたのは、新鮮で良かったです。 「影絵芝居 相楽深行・中三の初夏」一緒に暮らすようになっても、頑なに人見知りを続ける泉水子がやっと深行に近づいてきた話。「九月の転校生 相楽深行・中三の秋」泉水子に先行し、鳳城学園に転校した深行と真響の出会い。「相楽くんは忙しい 相楽深行・高一の秋」文化祭準備で忙しい深行、なんとなく報われてない(笑)。「氷の靴 ガラスの靴  宗田真響・高一の冬」本編その後。スケート教室の裏で、〈世界遺産・チーム姫神〉の視察が行われる。宗田本家の意向が見え隠れするその行事の中で、宗田3姉弟の事情と「チーム姫神」内の立場が交錯する。 深行視点の3篇は、本編ではだいたいシラーっとしていた深行が実は、あたふたしたりヤキモキしたり自嘲したりしてたことが分かって、面白いです。姫神になってしまうかもしれない泉水子を支えていこうという決意をするまでの、モヤモヤ→覚悟の外側をのぞき見したような気になりました。・・・まあ、何というか、深行ガンバレ(笑)。 そして、基本〈完璧美少女〉である真響の葛藤が描かれたスケート教室での出来事は、神霊を三つ子の弟に持ち、戸隠の忍者一族の惣…

続きを読む

『熱帯』/森見登美彦 ◎

著者である森見登美彦さん本人が、帯でこう謳っている。~~我ながら呆れるような怪作である~~(本作帯より引用)うん、ワタクシ、超絶迷子になりながら読んでおりましたともさ、我らがモリミーよ。本作は、とある『熱帯』での冒険譚・・・ではなくて、え~と・・・何と説明したらいいかよくわかりません(笑)。入れ子構造だったり、ループしながらパラレルしてたり、モリミー作品おなじみのアイテムや場所が登場したり、色々と忙しく難解で、それでいて〈物語好き〉にはたまらない魅力が溢れまくってました! 冒頭、「執筆活動が停滞している作家・森見氏」が出てくる。森見氏は、学生時代に読みかけて見失ってしまった『熱帯』という小説のことを思い出し、東京での編集者との打ち合わせの場でそのことを口にする。その後、昔の職場の同僚と落ち合い、とある読書会に参加すると、参加者の中に『熱帯』を持っている若い女性が居た・・・。 その女性・白石さんは、『熱帯』について話し合う「学団」というグループに参加しているのだが、その「学団」のメンバー・千夜さんが失踪し、更に千夜さんを追って行った別のメンバー・池内氏とも連絡が取れなくなる。池内氏から白石さんあてに『熱帯』に関する覚書のノートが届き、白石さんは池内氏を追い京都へ向かう新幹線内で、そのノートを読み始める・・・。 ノートに書かれた白石氏の言伝から、いつしか文章は『熱帯』そのものになっており、しかも架空の世界であるはずのその群島には京都に実在する喫茶店や骨董店が見え隠れし、そして『熱帯』著者である佐…

続きを読む

『フーガはユーガ』/伊坂幸太郎 〇

暴力で支配する父親、貧困、同級生たちの蔑視、様々な困難を2人で耐え忍んできた双子の兄弟、風我と優我。彼らには、年に1日だけ特殊な能力が発揮できる。と言っても、自由にコントロールできるわけでもなく、大掛かりなことが出来るわけでもない。伊坂幸太郎さん、今回はちょっとなんというか、読んでて辛かったです。『フーガはユーガ』、ラストまで読んで切なくなってしまいました。 双子に降りかかる困難はいつまで経っても晴れることなく、双子の絆や能力を利用した実験などを興味深く読み進めていたら、忘れかけた頃に酷い仕打ちが畳みかけてくる。それでも、リサイクルショップの店長・岩窟おばさんなど、ちょっとズレているけど真っ当な人間性を持つ人との関わりで、少しずつ変わっていけた部分もあったと思います。でも、だんだん大人になって、父親の支配からも脱出できたかと思っていたのに、それも覆される事件が起きてしまう。 ある日優我は、高杉という番組のネタを探しているTVディレクターに、自分たちの能力について、そして経験してきたことについて語り始める。長い長いその語りの中には嘘や省略があると、前置きをして。 その高杉の正体が明らかになり、彼に拉致された優我。その状況を見ていた、双子たちのかつての同級生・ワタボコリ(本名ワタヤホコル)は、優我救出に乗り込むが、戻ってきた高杉に襲撃され・・・。優我の体が存在する状態のままのその現場に風我が現れた時は、そしてそれが何故かが分かった時、なんとも切なくなりました。年に一度誕生日にだけ、2時間ごとに入…

続きを読む