『機巧のイヴ ~新世界覚醒篇~』/乾緑郎 ◎

いやぁ、スチームパンクっていいですよねぇ!重厚な雰囲気があるのに、登場人物たちの動きは鮮やかな活劇で。乾緑郎さんの『機巧のイヴ ~新世界覚醒篇~』も、とてもカッコよかった・・・!本作の物語は、前作『機巧のイヴ』 から約100年後の新世界大陸(アメリカを模しているらしい)の「万国博覧会」開催を巡って起こる様々な事態の中で、動かざる機巧人形の伊武が動き出すことで始まります。 万博準備に沸くゴダム市だが、開催を1年後に控えて工事などの準備は遅々として進んでいない。その中でほぼ唯一完成に近づいている日下國館の目玉展示品が、機巧人形の〈伊武〉であった。日下國館建設職人見習い・八十吉、とある目的をもって通訳として日下國館へもぐりこんだ元軍事探偵・日向、万博の理事を務める巨大鉄道会社の社主・ゴーラム、万博の電氣供給事業への参加を目論むフェル電器の社主であり女性発明家のM・フェル、・・・その他にも多くの登場人物たちが、伊武やゴーラムの所有する「スリーパー」という機巧人形(動かない)を巡って、様々な活劇を繰り返す。突貫工事で何とか開幕した万博は、大観覧車の崩落・大統領の死亡・電気館の全壊という最悪の事態を迎え、そのさなかに伊武たちはゴダム市を、そしてゴーラムの包囲網を脱出。 色々なことが起こりながら、伊武と天帝(スリーパー)の再会や日向の過去、八十吉の出自、フェルの思いの変化などが複雑に組みあがり、物語は進んでいきます。八十吉や日向の戦闘のスピードと鮮やかさ、手に汗を握りますねぇ!特に、〈馬離衝(バリツ)〉とい…

続きを読む

『滅びの園』/恒川光太郎 ◎

ある日突然、地球上空に現れた<未知なるもの>。その中に存在が確認された男・鈴上誠一。恒川光太郎さんの描く、ささやかな理想郷と地上の悪夢、その中を生き続ける人々それぞれの戦いと信念、そして孤独。突然現代に異次元が滑り込んできたという設定で始まる『滅びの園』、展開が気になって、すごい勢いで読みふけりました! 何故、それは突然地球上空に現れたのか。何故、鈴上誠一だったのか。地上を蹂躙する生物、プーニーとは何か。それらは一切、わからない。だが、現実世界にも〈何故〉など分からない状況はいくらでもあり、人はただそれを受け入れ、抗い、切り拓こうとする。そして、一方には正しくても、他方には正しくなく、希望と絶望はコインの表裏。それを、思い知らされました。切なかったです。 切なかったけれど、それは私が「読者」だったからです。地上にいる当事者なら誠一には辛い目にあってもらって、大多数の平和である〈未知なるもの破壊→プーニー消滅〉であることを願ったでしょうから。適性や能力があれば、プーニー対策部隊に入っただろうし、突入者に志願もしたかもしれない。でも、誠一の理想郷の穏やかな暮らしにかかわっていれば、そちらに肩入れしていたでしょう。どちらも分かるから、切なかったです。 〈未知なるもの〉に取り込まれた男・誠一、プーニー抵抗値の高い中学生・相川聖子、更に抵抗値の高い少年・大鹿理剣。彼らの視点で、物語は進んでいく。誠一の視点では、彼の想念である理想郷・おおまつり郡での彼の生活、聖子の視点では、プーニー災害時の…

続きを読む

『正しい女たち』/千早茜 〇

・・・すごく、ゾワゾワする6編。千早茜さんの作品って、どうしてこうも後ろ暗い心持ちを逆なでするのかしら(笑)。多分ねぇ・・・〈上っ面キレイに見せてても一皮むけば誰だってドロドロ、だなんて当たり前だよ〉と嘯いてるのが、それすら欺瞞だって気付かされるから。ああ、抉られる。本作のタイトル、『正しい女たち』の『正しい』って何なんでしょう。誰にとって正しいの?どう正しいの?本当は正解なんてないでしょ?・・・そう考えてる私自身が、欺瞞なのだから。 「温室の友情」の中学からの親友4人の変質した友情。気楽に会いながらも、お互いを値踏みしあってるような、張り合ってるような関係。でも、憎み合ってるわけじゃなくて、お互いに依存もしてる。そこが怖い・・・けど、あるあるだなぁと想像つくし、私だってそれに近い関係があったりもするわけですよ。ただまあ、ここまであからさまに描かれると、鼻白んでしまいますね。 「幸福な離婚」の、ミヤとイツキの関係が、切なかったです。結婚して10年、暮らしの中に降り積もる不満と苛立ち、昇進と転勤を機に4か月半後に離婚を決めたカップル。離婚を決めてから、逆に穏やかに暮らせるようになった彼らは、期限が決まっているから、お互いに期待をしなくなったから、安らかに過ごせるようになったのでしょう。 「描かれた若さ」の男の思考の中に見え隠れする〈女への侮蔑〉にイライラしながら読んでいました。最後に画家から「年老いた姿の自分」の絵を渡され、「これを抱えて生きていかなくてはならないのだ」と痛感させられたシーンで…

続きを読む

『定年オヤジ改造計画』/垣谷美雨 〇

男尊女卑甚だしい男が定年退職後、嘱託の仕事もなくなり家のことも一切せず、一日中家にいる。う~わ~、ちょっと想像しただけで、気が狂いそうになりますな。そりゃ、奥さんも夫源病になるわ~(-_-;)。垣谷美雨さんの『定年オヤジ改造計画』は、読んでてむかっ腹立ちまくりで、いやあ、疲れた疲れた(笑)。あ、読む方はサクサクと進みましたよ。このオヤジがどうやって変わっていくのか、気になりますもん。 ・・・正直なこと言っちゃうと垣谷さんの作品って、私的には「そんなに都合よく行くもんかいな・・・」と思ってしまう部分があったりするんですよね。物語の設定がリアルというか切実すぎて、ついつい自分の状況に当てはめて「私の状況じゃ、こんなにコトは上手く運ばないよ・・はぁ・・」とため息が出てしまうというか(ある意味スゴイ描写力ってことです)。まあ、そりゃそうですよ、ヒトの状況なんて千差万別、それぞれなんだから致し方なし。この物語は〈実践的な実用書〉じゃないですしね~。 『改造計画』とタイトルされてるけど、主人公を改造しようと誰かが計画を立てて実行していく話ではないです。この作品のいいところは、主人公・庄司常雄の男尊女卑というか凝り固まった古い感覚が、それでも本人の「このままじゃイカンな」という自覚の元に、変わって行くところだと思います。まあその意識改革があまりにも遅々として進まないので、むかっ腹が立つのですが(笑)。 まあ、とにかくこのオヤジの感覚の独りよがりなことよ。一番むかっ腹が立ったのは、「女性は母性があるから子供…

続きを読む

『はなとゆめ』/冲方丁 〇

清少納言が『枕草子』を書くに至ったその背景と、彼女の宮廷出仕生活を中心に描いた、『はなとゆめ』。中宮定子の教養の高さや一族の反映を担う強さ、一条帝との深く温かい愛情、周囲の人々を盛り立て華やがせるその『はな』に惹かれ、中宮様の番人でありたいと願いながら仕えた清少納言の日々が、素晴らしかったです。あら、私冲方丁さん読むの、初めてだったわ(笑)。 学生時代からずっと「清少納言って、何か自慢げで好きじゃないよなぁ」って思ってたんですが、数年前に「その自慢だって、心から愛して仕えた中宮定子のサロンを盛り上げるためだった」という物語(『砂子のなかより青き草』)を読んで、すっかり「清少納言もよきかな」と宗旨替えしたワタクシでございます。本作も、彼女の矜持が美しくたおやかに描かれていて、とても気持ちが良い物語でした。 中宮定子に仕える、華やかな日々。有名な歌人の娘とはいえ歌には自信がなく、万事に控えめにというより気が引けて前に出ていけなかった清少納言の才能を見抜き、取り立てて磨き上げ見事に花開かせた中宮定子の思いやり。その思いやり、人柄の素晴らしさに触れ、期待に応えようと自分の持てる才のすべてを尽くして仕えた清少納言の、真摯な思い。反して、定子を包囲していく、道長の策略の恐ろしさが、読んでいてつらかったです。 そんな辛い日々のなかでも、面白いこと楽しいことを列挙し、人や自分の失敗もくすっと笑えるおかしみに昇華し、憎げなものもユーモアを交えて数え上げる『枕草子』を描いた、清少納言。彼女の思いは「中宮様に笑っ…

続きを読む