『GOTH~リストカット事件』乙一 ◎

殺人事件にしか、‘本当‘を感じられない僕は、クラスメートの‘森野夜‘の周囲にうごめく犯罪を観察する。

乙一『GOTH~リストカット事件』は、「僕」と「夜」の犯罪観察の物語のような感じだけれど、本当に観察しているのはほぼ「僕」である。「夜」はその生い立ちのせいか、生来のものなのか、犯罪を引き寄せてしまう、妙な引力があるらしい。それを、僕はただ、観察する。手出しはしない。真正面から救おうとはしない。少しだけ手を貸すが、それも「愛情ではなく執着(多分犯罪観察のため)」から。

「僕」や「夜」の冷静な犯罪観察は、私的には信じられないが、もしかしたらこういう「殺人事件にしか真実味を感じられない」という病理もあるのかな?という気持ちになるほどの、リアリティのある文章。起こる事件はグロテスクでおぞましいのだが、2人の視線を通すと、さらっと私の中に入ってきた。そして、だんだんと毒が回る・・・、そんな読後感であった。
本当に恐ろしい小説、というのはこういうものかもしれない。

(2007.1.10 読了)
Goth
楽天ブックス
リストカット事件 著者:乙一出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:単行本ページ数:332p発


楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

  • 香桑

    水無月・Rさん、こんばんは。
    えぐいものやぐろいものを求める、好きこのむ人もいるんですよね。
    この小説に、ぐっと引き寄せられる人もいるんだろうなぁとは、思いました。
    多数派ではないかもしれませんが、きっと。

    主人公にいらつくより、化学教師や警察官のへたれっぷりに、お尻を蹴飛ばしてやりたいぐらい、いらっとしてしまいました。(^^;
    2008年09月22日 00:28
  • 水無月・R

    香桑さん、ありがとうございます(^^)。
    「僕」の感覚には共感できないものの、案外に簡単に犯罪観察が自分の中に入ってくる感じが、怖ろしかったです。ホント。
    確かに、犯罪者たちの方が駄目駄目ですね(^_^;)。
    2008年09月22日 22:28

この記事へのトラックバック

  • GOTH(夜の章・僕の章)
  • Excerpt: 乙一 2005 角川文庫 気持ち悪い~~~。 私がミステリを読まなくしたのは、
  • Weblog: 香桑の読書室
  • Tracked: 2008-09-21 23:50