『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎 ○

現代日本にありながら、人知れず鎖国する島。
予言し、喋るカカシ、島に足りない「何か」。
150年振りに、島に外界の人間が訪れる。
そして、カカシは殺される。カカシの断片的な頼みを実行する、島人たちによって。
島人たちは知らない。そのちいさな行動一つ一つが何を生み出していくのかが・・・。

どうして、カカシは、殺されたのか。

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』は、何本もの伏線が絡み合いながら、終末に向かって、ゆっくりと着実に進んでいく物語であった。

ただ、惜しむらく、喋るカカシの誕生(発生)のエピソードがあまりにも苦しく(こじ付けなのかなんなのか・・・)、そのせいで、物語が突拍子もないものになってしまっている。変にカカシを作った男の話を入れるより、いつの間にかカカシに人格が舞い降りていた、みたいな方が、まだ収まりが付いたような気がする。そのせいで、◎ではなく○。

(2006.12.12 読了)

オーデュボンの祈り
楽天ブックス
新潮文庫 著者:伊坂幸太郎出版社:新潮社サイズ:文庫ページ数:464p発行年月:2003年12月この


楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのトラックバック

  • オーデュボンの祈り |伊坂 幸太郎
  • Excerpt: 既存のミステリーの枠にとらわれない大胆な発想で、読者を魅了する伊坂幸太郎のデビュー作。レイプという過酷な運命を背負う青年の姿を爽やかに描いた『重力ピエロ』や、特殊能力を持つ4人組の強盗団が活躍する『..
  • Weblog: ミステリー倶楽部
  • Tracked: 2007-02-08 16:44
  • オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎
  • Excerpt: いまさらながら、伊坂さんのデビュー作。 今ほどの話のうまさはないものの、デビュー作でこれほどのものが書けるのか!というぐらい衝撃。 ===== amazonより コンビニ強盗に失敗した伊藤は..
  • Weblog: たかこの記憶領域
  • Tracked: 2009-12-01 10:47