『ライン』/乃南アサ ○

インターネットチャットで「可愛らしい女」を演じる俺と会いたい、と上京した男たちが次々と殺される。乃南アサは今まで読んだことがなかった。『ライン』は、ストーリー展開の速さが面白いは面白いが、ちょっと安易でイマイチだったかも・・・。

 というのも、犯人が主人公の友人であるのは意外だとは言え、あまり必然性を感じられなかったから。ネットチャットで知り合った女性を食いものにする男に恨みを持つ、その理由はまあ、理解できなくもないけど。さらに言えば、プロローグは余計だったな。主人公とその彼女の数年後・・・ストーリーにあまり関係ない気がする。

(2006.12.21 読了)

ライン

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック