『桜庭一樹読書日記~少年になり、本を買うのだ。~』/桜庭一樹 ◎

いや~、作家さんの読書量がすごいだろうな、というのは予想してたんだけど。
桜庭一樹と言う作家さんの、読書スピードはとんでもないな。
いろんなジャンルを、怒涛の勢いで読み、いろんなことを考える。すごいな~

読んでて、桜庭さんの人物像がだんだん見えて来ました(と言っても私見ですけど)。
『桜庭一樹読書日記~少年になり、本を買うのだ。~』というタイトル通り、少年ぽい感じ。空手道場に通い(黒帯!)、男前な言動をして編集さんに褒められ、カレーやどんぶり飯をモリモリ食べ。
だけど、女性らしさもあり。故郷島根でも都内でも、本屋さんを彷徨い歩いて、ドキドキしながら「大人買い」。なんかそういうところ、可愛いなぁ。
作品からは、楚々とした美女を想像してたんですが、なんだかイタズラ好きでコケティッシュな美少年、って感じですね。

さてさて、内容なんですが。結構自分も読書量は多いと思ってたんですが、いや、ごめんなさい、ホント傲慢でした!
桜庭さんと私、本の好みが違うみたいです。全然重なるところない。つまり、私の読書量なんて大したことないってことです。私、難しい本苦手なんですよ・・・無教養だから・・・。
桜庭さんは、ズシンズシンと迫ってくる怖さ、とか巧妙に仕組まれた怖さ、とかが好きなのかな、と感じました。
まあ、違って当たり前か(笑)。一介の読書好きと作家さんではね。
作品が好きでも、本の好みは人それぞれですもんね。まあ、それでいいと思います。

てな訳で、案外「読みたい本リスト」は増えてません。微妙に安心というか、ちょっと残念というか・・・。

日常の桜庭さん、すんごい面白いなぁ。新宿2丁目のマンションに住み、歩いて紀伊國屋新宿店へ行き、編集さんと本について語り倒し。あ、カレー、私も好き・・・。おんなじだ!っていうかそういう所じゃなくて、頭の中身とかが似てたら良かったのに・・・

そして、やっぱり作家さんてすごいなぁ、と思うのです。半端じゃない読書量。物事への思考力とその展開力。
のんべんだらりとグータラ主婦生活に頭のてっぺんまで浸かってる自分を、ちょっと情けなく思ったりします。・・・とか言いつつ、そこから抜け出る気は全くなかったりして(笑)。

(2007.09.10 読了)

桜庭一樹読書日記
楽天ブックス
少年になり、本を買うのだ。 著者:桜庭一樹出版社:東京創元社サイズ:単行本ページ数:283p発行年月


楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

  • すずな

    こんにちは。
    ものすごい読書量と購買量にクラクラしながら読みました。
    いや~圧倒されましたね。
    2007年10月31日 14:32
  • 水無月・R

    すずなさん、ありがとうございます。
    桜庭さんの本の大人買いには、度肝を抜かれましたねぇ~(^_^;)。
    しかもどんどん買って、どんどん読む、その圧倒的なスピード。しかもどの本にもちゃんといろんな思いを持つという、感性の鋭さ。
    桜庭さんの作品の凄さは、こんなところから来てるんですね、きっと。
    2007年10月31日 21:21
  • まみみ

    本を買い過ぎていつも金欠……と書きながら、本当にびっくりするくらい買ってる桜庭さんにも驚きました。ていうか、年収いくら?なんて気になったりして……ワンルームなのに無尽蔵の本があるらしいお部屋にも興味津津でした。
    2007年11月13日 19:10
  • 水無月・R

    まみみさん、こんばんは(^^)。
    作家さんだから「経費」扱いで、控除対象になるんでしょうが、それでもすごいですよね~、ホント。
    全部読んで、それを自分の肥やしにできる、その度量の広さというかキャパシティの豊かさに、本当に脱帽!でした。
    2007年11月13日 22:07
  • 藍色

    はじめまして。
    こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
    縦横無尽のジャンル。膨大な数の本…疾風怒涛の読書量でしたね。
    この中に書かれていた『私の男』、読んでみて納得の濃い一冊でした。

    トラックバックやコメントなどいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。
    2007年12月16日 17:43
  • 水無月・R

    藍色さん、はじめまして。
    TB&コメント、ありがとうございます。

    桜庭さんの怒涛の読書量、すごいですねぇ・・・。
    これだけ色々お読みになってるから、あれだけ面白い物語を描けるのですね。
    素晴らしいなぁ。
    2007年12月16日 22:17
  • june

    大人買いをして、読んで語って食べて・・うらやましい!って思ったんですが、桜庭さんはそういう生活の中で、あんな作品やこんな作品を生み出してるんですよね。やっぱり作家さんってすごいです。桜庭さんの展開する世界は大好きなんですが、読んできた本の積み重ねも下地にあるんでしょうかねぇ・・。
    2008年01月30日 16:22
  • 水無月・R

    juneさん、こんばんは(^^)。
    桜庭さん、直木賞受賞ですね♪
    かの『私の男』は、この頃に書いてたんですよね。ああ、なるほど、と思いました。
    これだけたくさんの本を読んでるから、桜庭さんの作品は奥深いんですねぇ~。
    2008年02月01日 21:51
  • 雪芽

    水無月・Rさん、こんばんは~
    やはり物書きを生業としている方の読書量はもの凄いですね。
    夜でも本屋に走ってしまう熱き読書魂には恐れ入りました。とともに、少年のようでありながら、浮き浮きと本を読む姿はかわゆくもあります。
    先週だったか、フジのめざましで見た桜庭さんのお宅は本に埋もれていましたよ。
    2008年03月26日 00:21
  • 水無月・R

    雪芽さん、こんばんは~(^^)。
    桜庭さん、愛らしい方ですよね~♪
    桜庭さんの日常は、色んなことが起こって、色んなことを考えて、そしていろんな本を読んで。
    全てが作家さんであることにつながる、そのパワーが感じられるエッセイでしたね。
    2008年03月26日 21:34

この記事へのトラックバック

  • 桜庭一樹読書日記 少年になり、本を買うのだ。(桜庭一樹)
  • Excerpt: 2006年3月から1年間、東京創元推理社HPで月刊連載されたものを纏めた作品。タイトル通り読書日記。何を買って、何を読んだってことが書いてある。本の感想自体は、あんまりないかなぁ・・・。触れられている..
  • Weblog: Bookworm
  • Tracked: 2007-10-31 14:24
  • 桜庭一樹読書日記 桜庭一樹
  • Excerpt: サブタイトル「少年になり、本を買うのだ。」。ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。イラストレーションは後藤啓介。「Webミステリーズ!」連載。敬称略。 鳥取と行き来しながらの生活を書い..
  • Weblog: 粋な提案
  • Tracked: 2007-12-16 17:36
  • 「桜庭一樹読書日記―少年になり、本を買うのだ。」桜庭一樹
  • Excerpt: 桜庭一樹読書日記―少年になり、本を買うのだ。 続けて桜庭さんです。桜庭さんの読書日記ってどんなのだろう?と興味津津で読みました。やっぱり読んでる量が違います。ここには自分の執筆のことはさらりとしか書..
  • Weblog: 本のある生活
  • Tracked: 2008-01-30 16:19
  • 「桜庭一樹読書日記」 桜庭一樹
  • Excerpt:    桜庭一樹読書日記―少年になり、本を買うのだ。  桜庭 一樹  単行本: 283ページ  東京創元社 (2007/08) 弥生三月、ピンク色の表紙がいかにも春らしく、いまの季節にはぴっ..
  • Weblog: コンパス・ローズ  compass rose
  • Tracked: 2008-03-26 00:15