『ブラックペアン1988』/海堂尊 ◎

あの【バチスタ・スキャンダル】から遡ること約20年・・・。
1988年、バブル景気に日本中が踊らされていたころ。東城大学医学部付属病院に、嵐のきっかけとなる講師が赴任してきた。小天狗とも阿修羅とも呼ばれ、高い外科技術を持つその男・後の院長となる高階である。これは、高階を指導医(オーベン)とする1年目研修医(ネーベン)・世良の経験した、東城大付属病院に吹き荒れた嵐の物語。
現在の医療界の問題の萌芽は、すでに、この頃から見られていたという・・・。

『チーム・バチスタの栄光』を始めとする東城大学医学部付属病院および白鳥&田口シリーズの、海堂尊さんの描く、過去の物語です。バチスタシリーズでは老獪だった高階院長が、結構熱血です。黒崎教授がまだ助教授で、藤原看護師が手術室の婦長で、千里眼眠り猫・猫田が主任で、ハヤブサ・花房が新人看護師。うぉぉ~。そりゃ~そうだ、約20年前だもの。しかも、期待は外すことなく、速水&島津&田口のトリオは研修中の学部生としてちょっとだけですが、出てきますよ。残念だったのは白鳥が出てこなかったことですが、ここで白鳥が出てきたら、出来過ぎだもんね。あ、でもナイチンゲール・水落冴子の歌がちょっとだけ出てきましたね、「ラプソディ」。

バチスタシリーズでは結構笑い処があったのですが、今回はシリアスですな~。視点が新人医師の世良だからでしょうか、それとも舞台が生死に常に直面する外科だからでしょうか。すごく手術シーンが多く、がん細胞摘出とか血液噴出とか新兵器「スナイプAZ1988」とか、・・・とにかく「おお~、医療界小説だ!」って感じです。手術器具の名前もいっぱい出てきましたねぇ。ペアンとか把針器とか。どっちも知らなかったですよ。でも、素人でも分かる(分かった気になれる?)手術描写で、全然OKでしたね。

タイトルの『ブラックペアン1988』は、佐伯外科教室のトップ・佐伯教授の特注医療器具・ブラックペアンから来ています。なぜ、佐伯教授はブラックペアンを使うのか。闇を吸い込むかのような、ひっそりとした黒さを放ち、物語の中心部にたたずむ、ブラックペアン。

緊急性の高い修羅場に手腕を発揮する、天才的技術を持つ医師・渡海。スナイプと高い技術で次々と手術をこなしていく、高階。二人の間で揺れながら、新人医師のホープとして成長してゆく、世良。佐伯の院長選出馬。他大学との意地や体面の張り合い。渡海の父と佐伯の確執。17年ぶりに現れた、患者。ブラックペアン。様々な要素が絡み合い、緊張の度合いが高まる中、時期を得てその企みは発動した。
佐伯と渡海の父の事件の真実。隠蔽される事実と、患者の命を救うペアン。
すべては、保身ではなく、患者を救うために。

うう~、全然書けない。何と言ったらいいのか・・・。海堂さんの物語は、医療従事者としての苦悩を描き出していますよね、本当に。その問題の深さは、私なぞ到底関わりえない世界で、こうして物語として描かれてるからこそ、その存在に気が付く事が出来る。

渡海が、佐伯外科教室の獅子身中の虫となり、佐伯に牙を剥いたその時、真実が明らかになります。残されたぺアンの理由。佐伯が手術の最後に必ずブラックぺアンを使うわけ。そして、ブラックぺアンが内包する、佐伯の矜持と悔恨。医療への深い思いが、非常に強く迫ってきました。

出来れば、渡海の行方も知りたいし、今後の世良の成長、田口センセたち3人の新人時代も知りたい。海堂さん、書いてくれないかな~。

あ、そうそう。田口センセのトラウマ(?!)は、ここにあったんですねぇ(笑)。でも、そのお陰で愚痴外来担当になり、白鳥とともに八面六臂の大活躍、東城大付属病院に欠かせない存在になったのですから、素晴らしいことで・・・。いや、私だって噴出する血液を浴びたら、トラウマになるよ!その後の3人3様のレポート、笑わせていただきました。世良先生もアタマ抱えるわな・・・(^_^;)。

(2008.03.02 読了)

ブラックペアン1988
楽天ブックス
著者:海堂尊出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:317p発行年月:2007年09月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ


この記事へのコメント

  • じゅずじ

    中々、興味深い本でした。
    みんな若い時代はあるんだと(笑

    患者を救うため、と言いながら、患者に説明してなかったのはどうしてかな?
    なんて、こともちょっと頭によぎりましたけど、スピーディで楽しめました。

    渡海、世良、この個性ある二人の「次」も見てみたいですね。
    2008年03月03日 22:51
  • すずな

    こんにちは。
    若かりし頃の彼らの物語に、ちょっとウキウキしながら読みました。
    ブラックペアンの意味は衝撃的というか、医者の矜持を強く感じました。海堂さんの”想い”みたいなものが伝わってきましたよね。
    田口達もちらっと垣間見れて嬉しかったですね~。
    2008年03月04日 14:04
  • エビノート

    意見の対立などはあっても、それぞれが医療という分野に真摯に向き合う姿勢に胸を打たれる内容でしたね。若き研修医世良の成長と共に楽しく読むことができました。そして、何と言ってもお馴染みの面々の登場に、ニヤリでした♪
    2008年03月04日 20:20
  • 水無月・R

    >じゅずじさん、ありがとうございます。
    そう、あの老獪な人もキチキチ厳しい人も・・・若いころはあったのですね・・・。なんだか親近感を覚えます。東城大学付属病院の壮大な歴史(裏も表も)、全部知りたくなりました!

    >すずなさん、ありがとうございます。
    ブラックぺアン、その意味は本当に、衝撃的でした。医者であり小説かである海堂さんだからこそ書ける、臨場感あふれる物語に惹き込まれるばかりですね。

    >エビノートさん、ありがとうございます。
    人の命にかかわる医療現場だからこそ、問題点は山積み。皆が真摯に取り組むからこそ、この物語は切実に訴えかけてくる。
    本当に、胸打たれるとは、このことですね。
    モチロン、バチスタシリーズの皆さんのあまりの「らしさ」に微苦笑を隠せなかった私であります(^_^;)。
    2008年03月04日 22:06
  • 雪芽

    こんばんは~、水無月・Rさん。
    登場人物も重なる部分があるしと、いままでの流れを予想していたら違っていましたね。
    医療の理想と現実にみる葛藤がよりシリアスに、世良を通しての成長ドラマは青春の苦味が、お馴染の面々が随所に顔を覗かせるオマケポイントもあり、いろんな角度から楽しんで読めました。
    渡海と世良、ふたりのその後が気になります。
    2008年03月04日 22:22
  • 水無月・R

    雪芽さん、ありがとうございます~。
    シリアスな流れの中で、ぴょこっと出てくる3人組が、非常にイイ味出してましたね~。
    勿論、そのシリアスな部分の深淵は、考え込まされることが多いですね。海堂さんの筆力・構成力には、本当に脱帽です。
    それぞれの、その後の物語がとても気になりますね!
    2008年03月04日 23:13
  • 藍色

    こんばんは。
    新人医師世良が主人公だったせいか、奮闘し成長していく過程がドラマチックで新鮮でした。
    今後のシリーズにつながる人物たちの過去も楽しめましたね。
    次がとっても楽しみです。
    2008年03月05日 01:14
  • 水無月・R

    藍色さん、ありがとうございます。
    世良の成長は、高階だけでも渡海だけでも、このレベルには達せなかったでしょうね。そういう2人のいろいろな面を吸収して、とてもよいお医者さんになったのではないでしょうか。
    だからこそ是非、世良の今後の物語を読みたいですよネ♪
    2008年03月05日 21:38
  • 空蝉

    トラバ、こちらとサグラダFのほう共にちゃんとしておきました。すいません・・・本当に気がつかなくて;;なれない一人暮らしの日々が始まり早1ヶ月。素敵な医者と医院を見つけたい限りです。
    2008年04月08日 15:06
  • 水無月・R

    空蝉さん、こんばんは(^^)。
    お気になさらず~♪
    TBやコメントして頂けるだけで、とっても嬉しいんです!
    おお、一人暮らしをはじめられて1ヶ月!
    いろいろお忙しいことでしょう。私も引っ越し直後は、病院探しや安いスーパー探しに奔走したものです(←後半は、ビンボー主婦魂だって…)。
    2008年04月08日 22:45
  • june

    今回は笑いどころはありませんでしたが、
    お馴染みの面々の20年前の姿にニヤリとしたり驚いたりという楽しみもあったし、
    新人研修医世良の医師としての成長だとか、淡い恋心だとかもさわやかでよかったです。
    医療現場の医療をめぐる葛藤も読み応えありました。
    世良先生と渡海先生、シリーズのどこかで再び登場してくれるといいなって思ってます。
    2008年04月21日 22:12
  • 水無月・R

    juneさん、ありがとうございます(^^)。
    どの時代にも、最先端の現場には様々な葛藤があり、苦しい選択の中から、ベスト或いはベターなものを選ぶという事が、本当に大変なことなのだなぁと伝わってくる、すごい作品でした。
    世良と渡海の2人は、東城大付属病院の医療への真摯な姿勢を引き継いでくれるといいなと思います。それぞれ、舞台は別の場所へ移ったとしても・・・。
    2008年04月21日 23:17

この記事へのトラックバック

  • 【ブラックペアン1988】 海堂尊 著
  • Excerpt: 1988年、あの「チーム・バチスタの栄光」で田口先生率いる「不定愁訴外来」ができる20年前、東城大学医学部付属病院でいったい何があったのか… 驚愕手術の結末!外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する..
  • Weblog: じゅずじの旦那
  • Tracked: 2008-03-03 22:46
  • ブラックペアン1988 〔海堂 尊〕
  • Excerpt: ブラックペアン1988海堂 尊 講談社 2007-09-21売り上げランキング : 101おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が..
  • Weblog: まったり読書日記
  • Tracked: 2008-03-04 20:14
  • 「プラックペアン1988」 海堂 尊
  • Excerpt:  ブラックペアン1988  海堂 尊  講談社 (2007/9/21)  単行本: 317ページ 黒を基調にシルバーグレイのタイトルが並ぶ装丁のシンプルさが際立つ。あるのはただひとつのブ..
  • Weblog: コンパス・ローズ  compass rose
  • Tracked: 2008-03-04 22:01
  • ブラックペアン1988 海堂尊
  • Excerpt: ブックデザインは鈴木成一デザイン室。カバーCGは桑原大介。初出「小説現代」。 1988(昭和63)年の東城大学医学部付属病院。新人外科研修医世良雅志が直面したのは緊迫の手術に教授助手講師たちが織り成..
  • Weblog: 粋な提案
  • Tracked: 2008-03-05 01:15
  • 海堂尊 『ブラックペアン1988』
  • Excerpt: ブラックペアン1988/海堂 尊 ¥1,680 Amazon.co.jp 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大..
  • Weblog: 映画な日々。読書な日々。
  • Tracked: 2008-03-12 23:07
  • 『ブラック・ペアン』 by 海堂尊
  • Excerpt: 最近医療ミステリーに凝っている。 往往にして金の亡者や地位や名誉に普請して医者本来の姿を忘れたお偉方が「悪役」となったり、日本の医療システムの不出来を問題視したり嘆いたりする暴露本が多いこの分野。 ど..
  • Weblog: ■空蝉草紙■
  • Tracked: 2008-04-08 15:02
  • 「ブラックペアン1988」海堂尊
  • Excerpt: ブラックペアン1988 ええと・・これは、何シリーズっていうんでしょう。バチスタシリーズ?桜宮シリーズ?いつも黄色とか青とか赤って言ってるシリーズの5冊目です。5冊目にして時を20年ほど遡った東城大..
  • Weblog: 本のある生活
  • Tracked: 2008-04-21 22:08
  • 「ブラックペアン1988」 海堂尊 著 レビュー
  • Excerpt: ブラックペアン1988(2007/09/21)海堂 尊商品詳細を見る 「ブラックペアン1988」 海堂尊 著    内容(「BOOK」データベースより) 外科研�...
  • Weblog: 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう!
  • Tracked: 2009-01-23 13:01
  • 海堂尊「ブラックペアン1988」
  • Excerpt: 海堂尊「ブラックペアン1988」を読んだ。(この記事はネタばれあり)     「チーム・バチスタの栄光」に始まる医療現場のシリーズ。バチスタ以前に東城大学医学部付属病院で何があったか。それを描いたのが..
  • Weblog: りゅうちゃんミストラル
  • Tracked: 2009-01-27 20:16
  • ブラックペアン1988<海堂尊>-(本:2009年)-
  • Excerpt: ブラックペアン1988クチコミを見る # 出版社: 講談社 (2007/9/21) # ISBN-10: 4062142546 評価:80点 『チーム・バチスタの栄光』の20年前を書いた作品、ら..
  • Weblog: デコ親父はいつも減量中
  • Tracked: 2009-09-19 09:21
  • 海堂尊「ブラックペアン1988」
  • Excerpt: 海堂尊著 「ブラックペアン1988」を読む。 このフレーズにシビれた。  世良は慎重に手洗いを続ける。手のひらのうらおもて。手首。二の腕。指の一本一本。前腕。すべてを六角柱に見立て、その一面を十回ずつ..
  • Weblog: ご本といえばblog
  • Tracked: 2010-10-16 08:28