『別冊図書館戦争Ⅰ』/有川浩 ◎

ひ~~~。きゃう~~ん!!
・・・っていうか・・・なんじゃこりゃぁ~ッ!!
―――す・・・すみません。噂は聞いてたんで、覚悟はしてたんですけどね。けど、全然その覚悟が足りてませんでした。
有川浩さん、あなたはやっぱり「萌えの神だ~ッ!!

水無月・R(←やぎっちょさんのブログで「有川さんのなむなむ萌え萌えフェチ」と呼ばれてウハウハ大喜び大絶賛!読んだら即萌え!の、有川さん作品でございますよ。しかもあの「図書館戦争シリーズ」のスピンアウトですよ。ベタ甘仕様な前評判、もちろん「さあ~今回も萌えるわよ~」と気合が入ってたんでございます。
が、読み始めて即、ノックアウト。で、冒頭の「ひ~~~。きゃう~~ん!!」となってしまった次第。
全ッ然、覚悟が不足しておりましたよ。ここまで、ラブコメ展開していようとは!!
「じれったい愛」大炸裂でございますよ。有川節、ぶんぶん回っています。
てな訳で、また、白旗コースで~す(笑)。
ちゃんとした感想やあらすじを求められる方は、ここで回れ右してくださ~い。
ここからは、水無月・Rによる「萌え死に寸前、無法地帯」が始まりますよ~。

いや~。何から書けばいいのさ、『別冊図書館戦争Ⅰ』
萌えか?社会派な問題提起か?極甘なのに笑い要素たっぷりなところで、笑い死にしかけたことか?それとも、玄田隊長のお説教を一言一句逃さず書いてくれたら、私もオトナになれるかも知れんとか思ったことか?(←一度お説教を喰らってみたいものだ)それともアレか、手塚&柴崎の今後に妄想を膨らませ過ぎてニヤついて、次男(幼稚園児)にビビられたことか?

「ストーリー・セラー」の時にも、有川さんは進化し続ける作家さんだと思いましたが、ホントに、すごい方ですよ。
ベタ甘な中にも、ちゃんと世相にあった問題提起をからめ、コメディに走りつつも、真剣に読者に向き合う。
水無月・R、一生ついていくデスよ。(←迷惑)

もうね~第1章「明日はときどき血の雨が降るでしょう」からもうすでに、ベタ甘ラブロマ大展開で、ぎゃ~ぎゃ~言いながら、のたうっちゃんたんですよ。誰か、私にも「強いお酒をちょうだい~!」(by柴崎)です。何なんですか、堂上のデレデレっぷりは!愛があふれまくってますよ。萌えですよ!しかも、返り血浴びて満面の笑顔の郁ちゃん、素晴らしすぎッ!

図書館戦争シリーズであれっっだけ「じれったい愛(お互い片思い)」を展開してくれた、堂上&郁。その二人がやっと両想いになって〈お付き合い〉ですよ。なんだかもう、ハハオヤな気分で「良かったねぇ~ホントに~」と感激していたのであります。しかも、やったらスローペースな〈お付き合い〉。堂上教官、あんたは偉いよ。「二十六歳純粋培養乙女・茨城県産」な郁を本当~に大事にしてくれて。
ムツゴロウでヒザ詰め説教って、・・・・どれだけ、郁を愛してるんですか、あなたはッ!
う・・・羨まし過ぎる・・・・。

もともと実は乙女全開、な郁がどんどん乙女路線に走っていく、その甘々さ。もう~、鼻血出そうでしたよッ!
しかもココソコにほの見える、手塚&柴崎。柴崎、尻に敷きすぎ・・・(笑)。っていうか、手塚も全然それでOKなんだから、たまりませんよ!うっわ~愛だわ~、愛なのよ、愛っ!(←壊れた)

そして、とうとうプロポーズですよ。
ぎゃ~ッッッ!そこで、やっぱりそう来ましたか、いやいや、予測はついてたけどやっぱり?!
となると勿論、『別冊図書館戦争Ⅱ』は、二人の結婚式騒動の物語もありますよね!(←期待しすぎ?)その際は是非、玄田隊長のスピーチを!

もちろんこの物語は、萌え萌えなラブコメ路線だけじゃありません。真面目も笑いもあちこちに散りばめられてますよ~。

一、「明日はときどき血の雨が降るでしょう」
公共物窃盗&ブラッディ笠原誕生?!
二、「一番欲しいものは何ですか」
リストラ酔っぱらいの居座り&痴漢行為
「触りたい・触られたい2月」
良化法賛同団体の催涙ガス攻撃&名前呼び!
四、「こらえる声」
児童虐待&ムツゴロウ(笑)。
五、「シアワセになりましょう」
表面だけで物事をとらえることの過ち&痴話げんか&プロポーズ!

内容も全部触れたいのですが、私が書き始めると、とんでもないことになりそうなので、やめときます(笑)。

ああ・・・今回も、萌え叫んでばっかりで、全然まっとうな文章になってないよ・・・。
っていうか、有川さんに関しては、私理性を保てない・・・。まあ、皆さんよくご存じだとは思いますので、もう言い訳もしませんデスよ(^_^;)。

(2008.05.14 読了)

別冊図書館戦争(1)
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:アスキー・メディアワークス/角川グループパブリッサイズ:単行本ページ数:273p


楽天市場 by ウェブリブログ













水無月・Rの「図書館戦争シリーズ」記事
『別冊図書館戦争Ⅰ』  ◎ (本稿)

ちなみに。これだけ有川作品萌え萌え、な水無月・Rでありますが、残念ながらM市では、アニメ「図書館戦争」をやっておりません。ノイタミナ枠で、今現在「墓場鬼太郎」やってるって、どうゆうことよ?これは夏に発売されるDVDを買えという、天啓でしょうか。初回特典で有川さんの書き下ろし作品もついてくるそうですし・・・。

この記事へのコメント

  • じゅずじ

    こんばんは。
    ベタ甘、ずっとニヤニヤもんでした(笑
    しかも、電車の中で読んでしまって大失敗!
    次も楽しみです!

    TBありがとうございました m(__)m
    2008年05月15日 23:08
  • やぎっちょ

    水無月・Rさんこんばんは♪
    やぎっちょでも、感心してしまいました。というか心に響いた!!
    >読んだら即萌え!
    >萌え死に寸前、無法地帯
    ぬうう。やりまするな!!
    ないように関してはこれはもう特筆することはありませんね。アイコンタクト!で分かり合う♪みたいな(笑・ここで親指立てる)
    森谷さんの記事みたいに「書評」も良いのですが(とても真似できません)、この記事のように「読書感想」もよろしくってよ★(←なんかペースに巻き込まれてヘンになってきました・・・)
    2008年05月15日 23:50
  • 香桑

    水無月・Rさんのレビューがアップされるのを待っていましたーっ☆
    潔く萌え、勢いよく悶える、水無月・Rさんの有川作品の感想を読むのが楽しみなんです。
    そうなのよ~!と一緒に叫んで、またまた本を読み直したくなるのです。
    ところで、もしよければもう一度、TBを送っていただけませんか? またも受け取りそこなってしまったようです……(T_T)
    2008年05月16日 00:22
  • すずな

    こんにちは。
    萌えまくり悶えまくりの極甘全開で窒息寸前でしたね~(笑)
    水無月・Rさんの楽しいレビューを読みながら、アレコレを思い出して怪しい人になっております★
    Ⅱが楽しみですね!ⅡはⅠで免疫が出来てる分、ちょっとは冷静に読めそう・・・や、無理かな、やっぱり(笑)
    2008年05月16日 14:17
  • 水無月・R

    >じゅずじさん。
    有川作品を人前で読むとは、な、なんと大胆な!
    私的には、家族の前ですら、相当危険です。園児な次男はビビるし、小学生な長男は「おかーさん、本読みながら変な顔してブツブツ言わないで」と文句を垂れるし・・・。しかも、相当頑張って押さえてるのにですよ。
    なので、有川作品は、家で一人でいる時しか読めません(^_^;)。

    >やぎっちょさん。
    う~ふ~ふ~、なんでございますよ(^^)。
    理性かなぐり捨ててますからねぇ~(笑)。
    私のブログ、有川作品に関しては、無法地帯だし、無礼講だし♪
    こんな私でも、同志と思ってくださるやぎっちょさん!とってもありがとうございます~!
    2008年05月16日 23:07
  • 水無月・R

    >香桑さん。
    えへ。そんなに褒めて頂いちゃいますと、調子に乗るのが水無月・Rでございますよ?
    これからも、有川作品に萌えまくり(うふ♪)。タガが外れた、ぶっとび文章でございますが、お付き合い頂けて、光栄です~!

    >すずなさん。
    萌えで窒息か、鼻血か・・・。萌え叫んで子供にビビられても、それでも有川作品はやめられませ~ん!もちろん『Ⅱ』もきっと、悶えまくりで。
    ・・・え?冷静に?
    私には、無理ですっ!(←キッパリ)
    2008年05月16日 23:13
  • 香桑

    こんばんは。TB届きました。ありがとうございます!
    昨夜はあの後、またまた読み返してしまいました。
    ベッドの中で、こらきれずに笑っていました。>膝詰めとか、Tシャツとか
    この本さえあれば、いつでもどこでもアヤシイ人になれますね。(^^;
    2008年05月16日 23:48
  • 藍色

    こんばんは。
    萌えの神の容赦ない甘さ大盤振る舞いに、やっぱり悶絶されたんですね(笑)。
    まだまだ続く「じれったい愛」に溺れかけました。
    これからは、柴崎、手塚をどう溶かすのかも楽しみです。
    TBさせていただきますね。
    2008年05月17日 03:32
  • エビノート

    水無月・Rさんの記事を読んでると、香桑さんと同じくまた読み返したくなっちゃいます~。
    想いが通じてからの二人もじれったい。そしてあま~いですよね。こっちが赤面してしまって、理性が保てませんでした~(^_^;)
    そいえば、アニメ「図書館戦争」の前は「墓場鬼太郎」が放送されてたみたいです。水無月・Rさんのところも「墓場鬼太郎」が終わったら放送開始かも知れないですね。
    2008年05月17日 20:19
  • 水無月・R

    >藍色さん。
    いっや~有川さん史上最甘!なのではないでしょうか。もう、著者自ら「逃げて~」というぐらいですからね(笑)。
    そりゃもう、手塚が頑張るのに報われない柴崎戦(何で戦い?)も読みたいですよね~♪

    >エビノートさん。
    えへ~(*^_^*)。それはあれですか、私の萌えに共鳴して下さるということでしょうか(←勝手に決めるな)。
    いえいえ、それは相当危険ですよ(笑)。
    もうとにかく「じれったい愛」の有川節がぶんぶん回ってて、たまりませんでしたねぇ!
    「墓場鬼太郎」の次が「図書館戦争」ですか!いい子で待ってたら見れる?!じゃあ、いい子になりますッ!(でも有川さんの書き下ろしが欲しくてDVD買うかも・・・おいおい。)
    2008年05月17日 22:45
  • ゆき

    初めまして。私アニメからコミックそして原作にたどりつき有川ファンになりました。正直アニメはベタ甘なとこがカットぎみで・・・。もちろんDVD買う予定ですが気になるのが、アニメのOPで原作題名に革命がない!あのラストはみれるのか~!て私的には別冊もアニメ化してほしいんですが鼻血もので、家族の前ではムリですよね~。
    そこでお願いが。有川作品すべて読破してしまいました。他にベタ甘な作家さんや作品あればおしえてください^^
    2008年05月18日 23:52
  • 水無月・R

    ゆきさん、初めまして!
    有川作品萌え萌えworldへようこそ(笑)!
    有川さん、いいですよねぇ~!このベタ甘ラブロマ世界は、身悶えしすぎて萌え死に寸前です。

    ほかのベタ甘作品…。そうですねぇ~。
    ベタ甘って結構、むずかしいです・・・。
    甘さは控えめですが、直木賞作家・桜庭一樹さんなんか、いかがでしょう。『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『青年のための読書クラブ』など私は大好きです。ちなみに直木賞受賞作品『私の男』はベタ甘路線と全然反対方向ですので、ご注意ください。
    それから森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』も可愛らしいお話です。
    嶽本野ばらさんの『ハピネス』は、ピュアで泣けますよ~。

    上にあげた作品は私もレビューを書いていますし、いろんな方がトラックバックをつけて下さってます。お好みに合うか分からないんですが、よろしければどうぞ(^^)。
    2008年05月19日 09:35
  • 雪芽

    こんばんは~
    ああ、萌えておりますねぇ。よいですわ、これぞ正統派有川萌えのお手本のような萌え方ですね。
    帯にも書いてあるし、あとがき(先に読んだ人)にも注意がくどいほど書いてあったけど、シリーズで耐性が出来ているしと侮っておりました。不覚でした。
    うちの地方では深夜にアニメ放送です。時期が遅れて放送とかあるかもしれませんよ。でも、DVDはオマケ本付き。これはお買いなさいましなという神の思し召しです、たぶん。
    2008年05月20日 00:01
  • 空蝉

    会社のPCから失礼します(笑)あんまり思い出してると顔がにやけるので程ほどにしないと;;それにしても甘甘!もう!読んでてこっちが恥ずかしい!でも萌えの神様には逆らえませんね・・・もうすっかり毒気抜かれちゃって^_^;
    2008年05月20日 10:58
  • 水無月・R

    >雪芽さん、こんばんは(^^)。
    おほほ~♪水無月・Rに理性はないのでございます、有川作品に関しては(笑)。
    それでも、この甘々っぷりはいかに!という、ネ。私如きのちっちゃい覚悟なんぞ思いっきり吹っ飛ばしてくれました、有川さん。
    いやホンット、素晴らしい方ですよ!

    >空蝉さん、こんばんは(^^)。
    萌え神降臨!水無月・Rはひれ伏せよ!って感じですか(笑)。いや、喜んでひれ伏します。
    ていうか、ひれ伏すというよりは悶えすぎて立てないというか・・・(^_^;)。
    もちろん『Ⅱ』もきっとこの破壊力を倍増して・・・(笑)。
    2008年05月20日 22:34
  • かりん

    はじめまして(*^-^*)
    あの、少し質問があるのですが・・・。
    私も図書館戦争のバナーキャンペーンに応募したのですが、応募者全員にくれる壁紙はもう送られてきました?
    メールで送られてくるのかなと待っているのですが、全然来ないので(汗)
    他の方はどうなのか気になって、コメントさせていただきましたm(__)m
    2008年05月28日 17:52
  • 水無月・R

    かりんさん、こんばんは(^^)。
    そういえば、まだ来てないですねぇ。
    先ほど公式ページを見てきたんですが、壁紙を送ったとか、いつ送るとかいう期限とかないですね。
    まだなのかな~。
    まあ、楽しみにワクワクしながら待ちましょう(笑)。
    2008年05月28日 21:40
  • june

    この本を読み終えて「さて、水無月・Rさんのレビューでさらに盛り上がろう!」とやってきました。
    うふふ♪有川さんのベタ甘も想像以上でうれしかったんですが、水無月・Rさんの感想も期待通りの熱さでうれしくなっちゃいました。
    どんなにベタ甘でも大丈夫!と読み始めたんですが、すごかったですねぇ~。郁もかわいいですけど、やっぱり堂上教官のやさしさかわいさにはやられました。理想が服着て歩いてるって感じです。早く第2弾が読みたいです!
    2008年06月07日 13:19
  • 水無月・R

    juneさん、こんばんは(^^)。
    いや~、そんなに褒めて頂くと(←チガウ(笑))。
    ホント、堂上と郁の愛の育み・・・萌えのあまり涙が出そうでした。
    読んでる間ずっと、ぎゃ~ぎゃ~言いっぱなしでしたよ(^_^;)。
    「Ⅱ」も今作品以上の萌え全開になること、期待というより妄信しておりまする。
    できれば手塚&柴崎も・・・!
    2008年06月07日 22:21
  • 麻巳美(まみみ)

    こんにちは^^
    ここに来たら愛あふるる熱い感想が読めると思ってましたが、期待以上でした。あの興奮をあますところなく伝えてくれてありがとう!って感じです。おびえた次男(幼稚園児)くんはちょっと気の毒でしたが……^^;
    アニメもマンガもあっついですよー。映像で見るとさらに萌え度が上がってます。水無月・Rさん倒れないでくださいねっ。(笑)
    2008年06月18日 16:10
  • 水無月・R

    麻巳美さん、ありがとうございます(^^)。
    萌えの無法地帯、お楽しみいただけましたでしょうか(笑)。
    今週M市エリアでは「墓場鬼太郎」が最終回で、次から「図書館戦争」なのではと、胸ドキドキ…。
    と言いつつ、有川さんの書き下ろしが欲しくてDVDを予約してしまった私・・・。
    DVDは書き下ろし&再観賞用に、アニメはアニメでリアルタイムで見てしまいそうな予感が・・・。
    倒れるしかありませんよッ!(笑)
    2008年06月18日 22:14
  • かりん

    水無月さま
    あわわ、お返事下さったのにお礼が遅くなりすみません!!
    あれから数日後に来ましたね。
    ありがとうございます(^^)
    2008年06月28日 15:49

この記事へのトラックバック

  • 【別冊図書館戦争 1】 有川浩 著
  • Excerpt: 先日、書店で見つけて即購入 [:本:] 何しろ、愛に飢えているオレにとっては… 恋愛成分たっぷりの、ベタ甘全開スピンアウト・別冊シリーズ第1弾。「明日はときどき血の雨が降るでしょう」「シアワセにな..
  • Weblog: じゅずじの旦那
  • Tracked: 2008-05-15 23:06
  • 別冊図書館戦争Ⅰ 有川浩
  • Excerpt: 別冊図書館戦争 1 (1) ■やぎっちょ読書感想文 読む前からブログの文面を考える。 それによるとこうなった。  DEAD or ALIVEって、日本語訳おかしくない?  生か死かって、順番逆でしょ..
  • Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • Tracked: 2008-05-15 23:47
  • 別冊 図書館戦争(1)
  • Excerpt: 有川浩 2008 メディアワークス ふっふっふ。無事に購入したこの一冊。またも
  • Weblog: 香桑の読書室
  • Tracked: 2008-05-16 00:16
  • 別冊図書館戦争? 有川浩
  • Excerpt: 甘すぎる~!郁と堂上の恋人期間はベタ甘全開。冒頭から激甘炸裂、コメディに爆笑。 ラブコメ仕様の濃厚な波状攻撃に悶えて笑って休ませて�...
  • Weblog: 粋な提案
  • Tracked: 2008-05-17 03:33
  • 別冊図書館戦争Ⅰ 〔有川 浩〕
  • Excerpt: 別冊図書館戦争 1 (1)有川 浩 アスキー・メディアワークス 2008-04売り上げランキング : 50おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「図書館戦争」の..
  • Weblog: まったり読書日記
  • Tracked: 2008-05-17 20:05
  • 「別冊図書館戦争?」 有川 浩
  • Excerpt:  別冊図書館戦争 ?  有川 浩  単行本: 273ページ  アスキー・メディアワークス (2008/04) そろそろ出る頃かと発売予定日前から本屋に足しげく通い、今日も駄目だったとうな垂れて..
  • Weblog: コンパス・ローズ  compass rose
  • Tracked: 2008-05-19 23:48
  • 『別冊 図書館戦争1』 by 有川浩
  • Excerpt: 待ちに待っていた図書館戦争シリーズ・恋愛編(笑) 恋愛変と書きたくなるくらい色恋沙汰が似合わない、山猿女と熊男のバカップル・・・どんなにぎこちなくなっているやら、と心配していたが蓋を開けてみたらと..
  • Weblog: ■空蝉草紙■
  • Tracked: 2008-05-20 10:56
  • 「別冊図書館戦争Ⅰ」有川浩
  • Excerpt: 別冊図書館戦争 1 (1) ベタ甘のラブコメを期待して読みました。想像以上でした・・。私の期待をはるかに上回りました。少しクールダウンしてからでないと、恥ずかしくて感想なんて書けないと思って時間をお..
  • Weblog: 本のある生活
  • Tracked: 2008-06-07 13:29
  • 「別冊図書館戦争Ⅰ」 有川浩
  • Excerpt: 別冊図書館戦争 1 (1)有川 浩アスキー・メディアワークス 2008-04売り上げランキング : 7082Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 恋愛成分たっぷりの、ベタ甘全開ス..
  • Weblog: 今日何読んだ?どうだった??
  • Tracked: 2008-06-18 16:22
  • 別冊図書館戦争1
  • Excerpt: 「メディア良化法」という検閲を正当化する法律が施行され、図書の検閲押収が行われているという近未来を舞台に、「メディア良化委員会」という国の武装検閲組織と戦う図書館員たちの戦いを描いた「図書館戦争」シリ..
  • Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
  • Tracked: 2010-09-07 21:33