『きつねのはなし』/森見登美彦 ○

これは・・・判断が難しいな~。たぶんね、この物語を最初に読んだら、森見登美彦さんにはハマらなかったような気がします。私的には、愛と笑いとツッコミ処にあふれる、モリミーワールドが好きなので・・・。
良くも悪くも京都な物語、って印象ですねぇ。魑魅魍魎・・・しかもダークなほうで。

『きつねのはなし』には「きつねのはなし」「果実の中の龍」「魔」「水神」の4篇が収められています。微妙にパラレルなんではないでしょうか。骨董屋の「芳蓮堂」(ナツメさん)、怪しげな屋敷のきつね面男・天城、妙に胴の長い鼬のような妖物「魔」。その他あちこちで登場する人やモノや場所や設定がリンク。けれど、少しずつ何かが違う。それが、居心地の悪い感じを醸し出して・・・。

ですが、意外というか驚くべきことに「怖さ」はないのです。私は怖くはなかった。ひたひたと忍び寄る「異界」は怖いけれど、この4篇は「一見さんお断り」な世界のような気がするのです。京都はそういう土地柄、という既成概念からかもしれないんですが。単なる一読者は、この微妙に歪んだ世界に引っ張り込まれることはない。物語の背景(千年の長きにわたる「都」としての在り方・その妖性)にシンパシーを感じることが出来なかった私は、この作品の世界の外側から見ることしかできないような気がしました。入ることは出来ないから、怖くない、ということです。けど、ちょっと疎外感だな~。

物語の根底に流れる「京都」という土地の情念の深さ。人と妖物が混在するその世界は、余所者を遮断している。私は遮断される側。だが・・・遮断されるからこそわかることもある。この物語は、広がりつつ閉じている。その閉鎖された世界にうごめくのは、「モノノケ」か「ヒト」か?
長く存在し続けたものには、意志や力が宿るという。もしかしたら都市にも、湖や疎水や川などの地形にも、何かが宿っているのではないか。
清澄なものではなく「魔」のような生臭い、何かが。その存在に気づけるのは、京都(京都という土地の持つ歴史や怨念や感覚など)の波長ににシンクロ出来る人だけなのかもしれない。

怖くはないし、美しい世界を描いているわけでもなく、かといっておぞまし過ぎる世界でもなく。なんだか引っかかるけど、それが何かを突き詰めることは難しくて。そんな茫洋とした、物語でした。
・・・ッて!全然、レビューになってないんですけど・・・(T_T)。ムズカシイです、この作品は。

ちなみに。
「水神」の樋口家は『夜は短し歩けよ乙女』に出てきた「天狗」の樋口さんの流れでしょうか?それともパラレルかしらん?微妙に気になってます。

(2008.05.17 読了)

きつねのはなし
楽天ブックス
著者:森見登美彦出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:268p発行年月:2006年10月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ


この記事へのコメント

  • 香桑

    こんばんは~。
    そういえば、同じ「樋口」さんでしたね。すっかり失念しておりました。今、読み返してみましたけれども、一族の中の一人だったりしたら面白いですね。龍の力を借りて天狗になったのか、天狗だから龍を封じることもできたのか……。想像が膨らみます。
    2008年05月19日 00:14
  • 水無月・R

    香桑さん、ありがとうございます(^^)。
    同じ「樋口」さんだけど、違う感じもします・・・だからパラレルなのかな~と思ったりもしたのですが・・・。
    あ、そうか!龍の力と天狗の力。そういう「妖」の力つながり!うわぁ~、変な妄想に走れそう(笑)。
    2008年05月19日 08:59
  • すずな

    こんにちは。
    「京都」という都の閉鎖性みたいなものが描かれているようで、こういう暗いというかジトーっとした重い感じが好きでした。

    樋口さん!私も思い至りませんでした;;;
    2008年05月19日 11:03
  • 水無月・R

    すずなさん、ありがとうございます(^^)。
    森見さんの物語は「あれはあの人?」的な微妙な重なりがたまにありますよね。
    で、樋口さんという名前に目を付けたんですが、実際のところどうでしょう~?
    ・・・と、つながる部分を妄想し始める私(笑)。
    2008年05月19日 22:00
  • 雪芽

    こんばんは!
    京都という場に歴史が重ねられてきたように、人の情念も幾重にも重なっている。この重さ、仄暗さが好みの作品でした。
    樋口さん、そういえばそうですね!読み返してみよう。
    2008年05月20日 00:16
  • 空蝉

    お久しぶりです、森見フィーバーですね♪私はもともと民俗学ものとか妖怪ものとか怪しげなものが好きなのでこの作品はかなり好きです。森見さんの作品では結構異色なきもしますが。トラバさせていただきました~。
    2008年05月20日 10:54
  • エビノート

    きつねとたぬきじゃ、随分雰囲気が違ってましたね~。でも、どちらも京都ならあり得るかも!という雰囲気が、魅力的でした。
    樋口家には全く気付いてませんでした~。わぁ~どうなんだろう?繋がってたら面白いですね。
    2008年05月20日 19:53
  • 水無月・R

    >雪芽さん。
    京都という土地に蓄積される何かが、濃い空気感で漂ってますよね。不気味な感じが何とも言えない・・・。

    >空蝉さん。
    森見作品、ハマりつつあります(^^)。
    「もふもふな毛玉」とか「黒髪の乙女」とか愛と笑い(と妄想?)の満ち溢れる物語が多いですもんね。確かにこの作品は異色ですね。私も嫌いじゃないですが、どうも京都という風土にシンクロできなかったです(悔しい)。

    >エビノートさん。
    きつねとたぬき・・・(笑)。やっぱり阿呆の血が流れてないんですかね、きつねの方には。
    確かに京都の表裏(闇と笑い←光じゃなくて(^_^;))な感じで、比較してみると面白いですね♪
    2008年05月20日 22:09
  • june

    私はこのダークな感じ、すごく好きです。でも水無月・Rさんの感じた疎外感というのもすごくわかります!でも、一見さんお断りって疎外されてるんだけど、どうしても覗いてみたいぞ!と思っちゃったんです。憧れと疎外感がないまぜになったような感じでしょうか。暗い喜び?(笑)。
    私もこれ、「夜は短し~」とパラレルかなって思いました。出てくる古本屋さんの名前とか・・。
    2008年05月21日 15:55
  • ERI

    こんばんは。コメントが遅れました。ごめんなさいm(_ _)m
    この世界は、見事に閉じてますねえ。
    京都は見事に盆地なので、周りを山に囲まれています。そのせいか、京都生まれの友人などは、山に囲まれていないと、落ち着かないと言いますねえ。奈良も盆地ですが、全く空気の質感は京都と違います。「土地」の持つパワーというか、雰囲気は、関西はそれぞれに非常に強い。その雰囲気が、肌で伝わるのが面白いですよね!!
    2008年05月21日 21:27
  • 水無月・R

    >juneさん。
    私もダークなのは、結構好きなんですが、入りたいけど入れない疎外感が、悔しかったです。
    モリミー作品をもっと読んだら、あの一見さんお断りな雰囲気にもする~っと紛れこめる・・・といいなぁ、と思っております。
    やっぱり『夜は短し~』とリンクする部分ありますよね。

    >ERIさん。
    土地が持つパワー、侮れませんよね~。たぶん新興都市で『きつねのはなし』が展開するとしたら、全然違うものになったのではないでしょうか。じっとりとした恐怖より、乾燥した殺伐さで、鋭く切りつけてきそうです。
    土地の風土というのかな、そういうパワーを持った作品て、面白いです。好きだな~。
    2008年05月21日 21:54
  • たかこ

    たしかに、これが初森見作品だったら、あとは続かないと思いました。
    今までのあほさ加減があってこそ、妖しさがひきたっているんではないでしょうか。
    疎外感、私は感じなくて、すご~く怖かったです(^-^;
    2010年04月01日 21:54
  • 水無月・R

    たかこさん、ありがとうございます(^^)。
    言い方は良くないんですが、〈おまえは呪う価値もないよ〉って言われてる感じがして、私的には怖くなかったです・・・(^_^;)。
    こういう作風も悪くないんですが、やっぱり「愛と笑いとツッコミ処満載」なモリミーワールドの方が、私は好きですなぁ。
    2010年04月08日 23:21

この記事へのトラックバック

  • きつねのはなし
  • Excerpt: 森見登美彦 2006 新潮社 とりつかれることがある。人の顔がケモノに見えるこ
  • Weblog: 香桑の読書室
  • Tracked: 2008-05-18 23:41
  • きつねのはなし 森見登美彦
  • Excerpt: きつねのはなし ■やぎっちょ書評 森見登美彦さんの月、ということでこの本。 きっと100年後の人は平成を振り返っていうことでしょう。 「昔(平成)ってさ、こんな物の怪がたくさんいたんだねぇ」 「非科学..
  • Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • Tracked: 2008-05-19 00:49
  • きつねのはなし(森見登美彦)
  • Excerpt: これは好き。 森見さん独特のクセのある文体が影を潜めていて、お陰で読みやすかったのかどうかは分からなかったんだけどね。自分でも意外に思うほど気に入っちゃいました。内容的には私好みなんだよね。だからかな..
  • Weblog: Bookworm
  • Tracked: 2008-05-19 10:59
  • 「きつねのはなし」 森見登美彦
  • Excerpt: きつねのはなし 森見 登美彦 デビュー作、2作目と続けて京都を妄想と爆笑の似合う街に(私の中でのお話)変えてしまった森見さん。このまま妄想街道を突っ走るかと思いきや、趣向を変えてきた。同じ京都を舞台..
  • Weblog: コンパス・ローズ  compass rose
  • Tracked: 2008-05-20 00:03
  • 『きつねのはなし』 by 森見 登美彦
  • Excerpt: 題名からして「きつね」。動物の狐じゃなくて「きつね」。 しかもあの表紙・・・ 妖怪・ホラー・民俗好きの私が読まぬわけには行かない!ということで読んでみた(笑) 伝承とか実際にある場所とか、いわゆる御伽..
  • Weblog: ■空蝉草紙■
  • Tracked: 2008-05-20 10:52
  • きつねのはなし 〔森見登美彦〕
  • Excerpt: きつねのはなし森見 登美彦 新潮社 2006-10-28売り上げランキング : 9692おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 京の骨董店を舞台に現代の「百物語」の..
  • Weblog: まったり読書日記
  • Tracked: 2008-05-20 19:41
  • きつねのはなし 森見登美彦 新潮社
  • Excerpt: 京都を舞台にした、物語の中で時が止まっているような幻想を 描き出した、短編四つ。登場人物が重なる部分もあるが、どれもが 少しずつ違う位相の中に重なり合うような、ゆるい意味での連作である。 この作者は初..
  • Weblog: おいしい本箱Diary
  • Tracked: 2008-05-21 01:18
  • 「きつねのはなし」森見登美彦
  • Excerpt: きつねのはなし 何となく梨木香歩さんの「家守奇譚」をホラーにしたような感じがしました。時代は違うし、雰囲気も全然違うんですが、不思議な出来事や生き物があたりまえのように存在しているところとか、あとは..
  • Weblog: 本のある生活
  • Tracked: 2008-05-21 15:55
  • きつねのはなし
  • Excerpt: きつねのはなし/森見 登美彦 ¥1,470 Amazon.co.jp 「きつねのはなし」 森見登美彦・著 新潮社・出版 『森見ワールドとしては、ちと怖い』  森見登美彦さんが、登場した最初の..
  • Weblog: 個人的読書
  • Tracked: 2008-06-05 00:05
  • vol.31「 きつねのはなし 」森見 登美彦
  • Excerpt: 京都を舞台とした、四編の物語。薄暗く怪しい気配に満ちた奇譚集です。 物語のあちこちで登場する「ケモノ」とは、一体何なのか。骨董屋は一体何者なのか― 読み進むうち、四編が細い糸でつながっているような不思..
  • Weblog: L4BOOKS - イラストですてきな小説と出会えるウェブマガジン。毎週月曜日更新
  • Tracked: 2010-02-08 21:05
  • きつねのはなし / 森見登美彦
  • Excerpt: あら、あらあら…。腐れ大学生は?黒髪の乙女はどこ?これは本当にモリミーの作品なの? 場所はいつもと同じ京都。「芳連堂」という古道具屋を中心に話が進む。どれもきつねに化かされたような、不思議で妖しい..
  • Weblog: たかこの記憶領域
  • Tracked: 2010-04-01 21:45
  • きつねのはなし
  • Excerpt: 冒頭にいきなり  「天城さんは鷺森神社の近くに住んでいた。」 というフレーズがあり、思わず買ってしまった「きつねのはなし」(森見登美彦:新潮社)。鷺森神社は、修学院の近くににある古い神社で、私も学..
  • Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
  • Tracked: 2010-10-20 21:20