『告白』/湊かなえ ◎

告白png.png
前評判がすごかった、この『告白』、確かにスゴイ。
「事故だったはずの自分の娘の死は、本当はこのクラスの生徒に殺されたのだ」と女性教師が語り始めるという、インパクトのある序章、その後5章にわたって、事件と事件その後について、事件関係者とその周辺の人物が語る物語は、あまりにも陰惨で、救いがない。
予想をはるかに上回る、「人間」の醜さ。けれど物語の登場人物達の言動は、現実にあり得るのだ。

著者湊かなえさんの出身地が隣市だからか、発売すぐぐらいに予約入れたのに、M市図書館で30人以上待ち(M市図書館では異例の数字だと思う)でしたよ。
書店に行けば、POPが目に入り、あちこちの書評やTVなどでも紹介され。いやが上にも期待は高まり、やっと回ってきた順番で手に入れた時は、いつになく興奮しました。

そして、2日間で一気読み。なんかこう、胸の中に渦巻くどす黒い読後感が、とにかく凄い。
なんて・・・醜い。6章それぞれの語り手達の思考の原点にある自己正当化が、あまりにも、醜い。
それぞれの語り手は、一人称で他者に語りかけているようで、実は全くの独白。事件の中での己の優位性を、ただひたすらに主張する。
だが、こんな発想をすることは自分にはない、と言えるか?・・・私には、言いきれない。もちろんこの物語のように、過激な方向へ向かうことはないだろうけど、言い訳や詭弁による自己正当化は、自分もしている。
いつか、自分の箍が外れるようなことがあった時、こんなことをやらないとも限らない。そんな怖ろしさがあった。

この物語の根底にあるのは、肥大化する被害者意識。各章の語り手は、割と冷ややかに周りを見ているのだけど、自分を「大いなる被害者」だと憐れんでいる。その自分への憐れみが自己正当化へ走り、悪意の連鎖を生む。そしてその結果、新たな惨事が引き起こされる。

女性教師が犯人とほのめかした中学生2人はもちろん発想が子供すぎるのだが、大人たちだって理性ある対応をしているとは言い難い。それぞれ皆、病んでいる。そしてその病んでいる部分が、更なる悲劇を生み、悲惨なラストを迎える。

あらすじ、書けない・・・。
ネタばれとか、そういう次元でなく、書くことが怖ろしい。
悪意が悪意を呼び、狙ったわけではなくても己の言動が「人間」の悪魔的な部分を拡大し、まき散らしてゆく、そんな毒性があると感じたのだ。そしてもちろん、意図してその悪意を振り撒く者もいて。
・・・正直、これがデビュー作とは思えません。
様々な伏線、各章の語り手の心情や行動理由が全く違う事、そして、あまりにも衝撃的なラスト。
構成も良ければ、文章も分かりやすく、尚かつ各章きちんと書き分けが出来ていること。
とんでもない作家さんに出会ってしまった、という気がしますね。

「聖職者」
「自分の娘が死んだのは事故ではなく、このクラスの生徒に殺された」と語り始める女性教師。
「殉教者」
女性教師が去った後、クラスに巻き起こったいじめについて語る、クラス委員長。
「慈愛者」
犯人である生徒の姉が、弟に殺された母の日記を読む。
「求道者」
幼児を殺し、母を殺した少年が、精神喪失して語る、事件の真相。
「信奉者」
もう一人の犯人が語る、犯行の本当の理由ともう一つの犯行と更なる犯行の予告。
「伝道者」
女性教師が再び現れ、「信奉者」に裁きを下す。

中学生の過剰な自意識が引き起こした事件。
真実を知り、それを司法の手に委ねず、自ら最も効果的な方法で復讐を画策する女性教師。彼女のやったことは、あまりにも重い。全く、肯定できない。
・・・だが、物語の登場人物達は、現実にいそうなのだ。
ちょっとした悪意。ちょっとした自己顕示欲。己の心の弱さ。
ふとしたはずみで、きっかけが起動したら、そして偶然と必然が重なって行ったら、この物語は現実化する。
そんな、怖い後味の物語でした。

(2009.01.26 読了)

告白
楽天ブックス
著者:湊かなえ出版社:双葉社サイズ:単行本ページ数:268p発行年月:2008年08月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

  • じゅずじ

    少年法を題材にする本はたくさん出ているけど、これは重かったですねぇ。
    答えは出してないけど、学校における問題を全部あぶりだしているように思えました。
    2009年01月27日 18:20
  • エビノート

    これは後々まで印象に残ってしまう内容でしたね~。
    本当の被害者って死んだ愛美だけだと思うんですけど、誰もが被害者意識を持っているところに嫌気が。でも、こういう気持ち自分の中にもあるよなぁ~と、自己嫌悪も感じちゃいました。
    2009年01月27日 20:40
  • 水無月・R

    >じゅずじさん。
    少年法の是非を論じるには、私の知識が足りないのですが、それでもここまで自意識が高い少年たちに「責任を問える年齢ではない」と断ずるのはどうなのだろう・・・という思いがありますね。
    現実に、こんな子供達、こんな教師達、こんな親達は、いると思うのです。そして、こんな事件の起こりそうな、背景も。それが起動せず、平和に過ごせることを願ってやみませんね。

    >エビノートさん。
    現代社会って、「被害者意識」がやたら大きくなってるような気がしませんか?
    自分だけがかわいそうと思う人間による犯罪が多々起きていて、そういう歪んだ醜い面がクローズアップされてて、すごい作品でしたね。
    2009年01月27日 22:03
  • 藍色

    こんばんは。
    リアルで衝撃的な作品でしたね。
    醜い悪意が止まらなくて、読みながら何度も嫌悪しました。
    とりあえず、一度忘れるように努めました。
    2009年01月28日 05:33
  • 水無月・R

    藍色さん、ありがとうございます(^^)。
    この悪意は、創作だけど現実感がありすぎて、重苦しい気持ちになりました。
    デビュー作がこれ。すごい作家さんですよね。
    2009年01月28日 22:08
  • たかこ

    水無月・Rさん 初めまして。
    藍色さん、エビノートさんのところから参りました。
    またTBもさせていただきました m(_ _)m

    湊かなえさん、本当にすごい作家ですよね。とても新人とは思えない作品でした。
    話自体は後味悪くて、怖くて…といった感じですが、読み応えがあって、本当に凄いと思いました。
    2作目が期待できますね♪

    これからもどうぞよろしくお願い致します。
    2009年02月11日 21:47
  • 水無月・R

    たかこさん、初めまして。
    TB&コメント、ありがとうございます。

    とにかく、凄かったですね。
    齟齬なく畳み掛けるように押し寄せる、何とも陰惨な展開。
    そして、現実にもありそうな、意思疎通の不全という、リアリティ。
    『告白』の田舎度に似た町に住んでいる身としては、現実感がありすぎて、本当に怖かったです。

    こちらこそ、ぜひよろしくお願いします(^^)。
    2009年02月11日 22:02
  • すずな

    本当に「凄い」という言葉しか出てこないような作品でしたね。現実にも起こってるような事件で、関わる人々も現実味があり過ぎて・・・。
    救いようのないラストも衝撃的でした。
    2009年03月08日 06:44
  • 水無月・R

    すずなさん、ありがとうございます(^^)。
    本当に、空恐ろしい物語でした。
    どこかに、こんな現実が存在するのでは?!と感じて、つい身の回りを確かめたくなりました。
    あのラストは、悲惨過ぎるのですが、物語の展開上全く無理がないというのが、本当に、怖ろしかったですね・・・。
    2009年03月08日 23:43
  • june

    ここまですごいとは思いませんでした。
    これだけ読ませるのも、ここまで救いがなくて後味が悪いのも・・。
    自分を正当化したり、被害者意識が肥大していってしまったりって、誰でもあることだからよけい怖かったです。
    2010年01月24日 20:45
  • 水無月・R

    juneさん、ありがとうございます(^^)。
    何とも、暗澹たる気持ちになる物語でした。
    だけど読まずにはいられない、とても強い引力に引っ張られ、読んでしまいました。
    読んだ当時、湊さんの出身市の隣の市にいたので、田舎度も似てたんじゃないかと思うんですよね。
    このM市でも、何かがカチッとはまったら、こんなことが起きるんじゃないか、そういうリアリティがありました。本当に怖かったです。
    2010年01月24日 21:10
  • 苗坊

    こんばんわ。TBさせていただきました。
    噂どおりと言いますか、これがデビュー作とは思えないですね。文章力もストーリーも素晴らしいです。
    読む手が止まりませんでした。
    結局は先生の掌の上で転がされていたのかと思うのですが、本当に、みんな被害者意識が酷すぎますね。
    そして人を甘く見すぎていると思います。でも、本当に、こういう人っていそうですよね。っていうかたくさんいますよね。読み終えてから怖くなりました。
    2010年06月05日 20:44
  • 水無月・R

    苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
    いやぁ、今思い出すだに凄いですよ、このインパクトは・・・。
    湊さんの描く、悪意の悪循環は、本当に恐ろしいです。
    2010年06月05日 22:48

この記事へのトラックバック

  • 湊かなえ『告白』
  • Excerpt: 告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺さ..
  • Weblog: itchy1976の日記
  • Tracked: 2009-01-27 02:17
  • 【告白】 湊かなえ 著
  • Excerpt: 愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです… はっきりいって、本音が語られてる怖い話です [:ショック:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブロ..
  • Weblog: じゅずじの旦那
  • Tracked: 2009-01-27 18:14
  • 告白 〔湊 かなえ〕
  • Excerpt: 告白湊 かなえ双葉社 2008-08-05売り上げランキング : 56おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ わが子を亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少..
  • Weblog: まったり読書日記
  • Tracked: 2009-01-27 20:34
  • 「告白」職人技が冴え渡る秀作!
  • Excerpt: 「告白」★★★★オススメ 湊かなえ著、1470円 「この教室に私の娘を殺した犯人が居ます」 主人公の幼い娘が 学校のプールで死んで居るのが見つかった。 主人公は教壇に立つ最後の日、 その犯人..
  • Weblog: soramove
  • Tracked: 2009-01-30 08:09
  • 告白 / 湊かなえ
  • Excerpt: 告白湊 かなえ双葉社 2008-08-05売り上げランキング : 39おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools デビュー作でこれ!完成度高っ!凄い作品!!なかなか読書の時間がと..
  • Weblog: たかこの記憶領域
  • Tracked: 2009-02-11 20:00
  • 戦慄と衝撃…『告白』 湊かなえ
  • Excerpt: 図書館で予約し順番待ち。 読みはじめたら、最後まで読まずにはいられませんでした… 告白/湊 かなえ 6章から成っています。 それぞれがモノローグ。 中学校内で、シングルマザーの教師の娘..
  • Weblog: □□ 本のこと あれこれ □□
  • Tracked: 2009-02-18 04:22
  • 告白(湊かなえ)
  • Excerpt: 第29回小説推理新人賞受賞作。
  • Weblog: Bookworm
  • Tracked: 2009-03-08 06:37
  • 湊かなえ「告白」
  • Excerpt: 湊かなえさんの「告白」を読み終えた。 「告白」 湊かなえ 双葉社 2009年本屋
  • Weblog: まこにっき
  • Tracked: 2009-03-14 09:43
  • 告白
  • Excerpt: ベストセラー小説「告白」(湊かなえ著)を読む。 かなり世間と書店をにぎわせているこの作品、 前々から興味があった。 そして、王様のブランチにて「第1章の完成度が高すぎる」的な感じで紹介され..
  • Weblog: 下町バカドールシアター
  • Tracked: 2009-04-06 13:20
  • 「告白」湊かなえ
  • Excerpt: 告白クチコミを見る 話題になっていたので、ずっと気になってたのです。やっと予約の列が途切れたようで、図書館の書架に戻ってきたところを借りることができました。 読んでみてその人気も納得。おもしろくて読..
  • Weblog: 本のある生活
  • Tracked: 2010-01-24 21:04
  • 「告白」/湊かなえ
  • Excerpt: 「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊)       今までにないタッチの文体と進行。ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下にあまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落..
  • Weblog: 京の昼寝~♪
  • Tracked: 2010-06-01 08:46
  • 告白 湊かなえ
  • Excerpt: 告白クチコミを見る 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 選考委員全..
  • Weblog: 苗坊の徒然日記
  • Tracked: 2010-06-05 20:42
  • 『告白』 湊かなえ
  • Excerpt: 「私の娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 終業式のホームルーム、退職するという女性教師の告白から始まる、章ごとに語り手が変わるモノローグで構成されるドラマ。犯人、..
  • Weblog: 【徒然なるままに・・・】
  • Tracked: 2010-07-03 08:58
  • 本 「告白」
  • Excerpt: 中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのこ
  • Weblog: はらやんの映画徒然草
  • Tracked: 2010-12-04 10:19
  • 「告白」ネタバレ感想
  • Excerpt: 「湊かなえ」 著 「告白」 のネタバレ感想です。 ウチの義姉が姪っ子に頼んで、市立図書館から借りて貰った そうです。 今、公開されている映画の原作本なのに良く借りられたなーと 思っていたら、や....
  • Weblog: ペンギンウォーク
  • Tracked: 2012-07-01 23:33