『遠野物語Remix』/京極夏彦 ○

遠野物語re.png
かつて、柳田國男の『遠野物語』を読んだことがある。民間伝承や民俗学なんかを学んでた学生時代の話だから、20年ほど前のことである。
その頃のこの物語の印象は「派手なところはないけれど、それだけに本当に信じられてきた伝承なんだろうな」というようなものでしたね。夏休みに遠野へ行って、河童淵へ行ったり曲がり屋を見に行ったりと、ウロウロと観光したこともあります。
そんな訳で、京極夏彦さんが『遠野物語Remix』を出したと知った時は、なんか面白そう!と思ったのですよね。
残念ながら、京極さんによるオリジナル要素はありませんでした(^_^;)。語る順番を替えたり、現代の人にはわかりにくい用語の注釈を足したりしつつ、原典よりはだいぶ読みやすくしてあるとは思うんですが(←うろ覚え)。

実を言うと、翻案小説的なものなのかな、って思ってたので、ちょっと肩すかしです。京極さん的面白さは、あんまりないです(笑)。いや、勝手に私が思い込んでたんで、それは私の問題ですよね、ははは(^_^;)。

私的には〈再読〉という形ですが、そうでなくても「何故か懐かしい」話が続きます。
雪女・迷い家・山女・年経た妖物・・・いわゆる昔話。
因果応報な物語もあれば、何かが起こってもその後特に何も起こらなかったという話もあり、その言いっ放しな終わり方が逆に、実際にあったのだろうというリアルさを持って迫ってくる。
遠野の物語ではあるけど、日本のどこででもあっただろう、言い伝えの物語。
異界とこちらの世界が侵食しあうかのような、今は廃れてしまった薄闇の世界が、目の前に広がっている。
懐かしさと同時に、ほの昏い怖ろしさを感じる。
普遍的な、畏怖。佐々木喜善が語り、柳田國男が編纂した、日本の民俗の無意識に根差した物語。

遠野は、草深い山奥ではなかった。私が行った20年前は、美しく拓けた田園風景でいながら、あまり衰退の兆しが見えないという、地方都市としては珍しい場所というイメージでした。今は、どんなふうになってるのかしらん。

(2013.08.28 読了)


遠野物語remix [ 京極夏彦 ]
楽天ブックス
京極夏彦 柳田国男 角川学芸出版 KADOKAWA発行年月:2013年04月 ページ数:255p サ


楽天市場 by 遠野物語remix [ 京極夏彦 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









この記事へのコメント

  • 苗坊

    こんにちは^^
    元々の「遠野物語」は私は理解できなそうだなと思ったので^^;今回はようやく読めそうだと楽しみにしていました。
    読めて良かったです。現代でも本当に楽しめますよね~
    数年前にあさイチで遠野を旅する特集をしていましたよ^^今、河童グッズがたくさんあるみたいです^m^キュウリを用意して河童を釣る遊び?もあるくらい。観光客を取り込む工夫が面白いなと思いました。
    岩手は数年前に行ったのですが遠野は遠くて行かなかったんです。いつか行ってみたいなと思いました。
    2013年09月22日 16:50
  • 水無月・R

    苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
    キュウリで河童釣り、なんだか楽しそうですね♪
    きっと20年前よりも観光に対する工夫は向上してるでしょうから、いいですねぇ。
    空気のきれいで、清々しいところでした。
    夏に行ったのですが、涼しかったような気がします。自転車でウロウロしまくってました(^_^;)。
    2013年09月22日 17:26
  • yori

    ちょっと怖いけれどちょっと懐かしいような、柳田の原文も読んでみたくなりました。
    2013年11月11日 22:09
  • 水無月・R

    yoriさん、ありがとうございます(^^)。
    こういうほの昏い懐かしさは、日本の民族伝承らしさが良く出ていますよね。こういう雰囲気、好きです。
    2013年11月11日 23:33

この記事へのトラックバック

  • 遠野物語remix 京極夏彦 柳田国男
  • Excerpt: 遠野物語remix著者:京極 夏彦角川学芸出版(2013-04-18)販売元:Amazon.co.jp 人の住まぬ荒地には、夜どこからともなく現れた女のけたたましい笑い声が響き渡るという。川岸の砂地で..
  • Weblog: 苗坊の徒然日記
  • Tracked: 2013-09-22 16:47
  • 伝説の拠り所
  • Excerpt: 柳田國男といえば民俗学者、 そしてその著作「遠野物語」だろう。 しかし、明治年間に書かれた 柳田の「遠野物語」を僕は読んでいない。 何となく、敷居が高いというか、 難解 ...
  • Weblog: 活字の砂漠で溺れたい
  • Tracked: 2013-11-11 22:07