『新 謎解きはディナーのあとで』/東川篤哉 ◯

謎解きはディナーのあとで新.png
さあ、令嬢刑事と毒舌執事コンビが帰ってきましたよ~!
ってことで、本書『新 謎解きはディナーのあとで』なんですが、何が『新』なのか、よくわかりませんでした・・・。
新キャラの若宮愛里刑事が加わったことと、風祭警部が本庁から(クビになって)帰って来きたこと・・・かな?
主人公・宝生麗子と執事・影山のやり取りは、まあ定番化したお約束ですね~。ある意味、安心感がある(笑)。
東川篤哉さん、サクサク読めてニヤニヤ笑えるライトなミステリ、楽しませていただきましたよ!

サクサク・ニヤニヤと書きましたが、主人公の麗子は国立署の刑事、難航する殺人事件の捜査をしているので、笑っちゃう~というのは不謹慎なのかもしれないんですけどね。
まあ、なんというか、毎度のことながら「猫に小判、お嬢様の耳に念仏でございますね」「顔を洗って、出直していらしてはいかがでしょうか」など、影山の毒舌に対して「なんですってぇ!」と叫び散らす、お約束の安定感。
実際にこんなに慇懃無礼で毒舌な執事がいたら、雇う側もそりゃ大変でしょうよ(笑)。
麗子のガーッと言い返すキャラだからこそ、成立する関係ですが、良家の子女がこれでいいのかは、かなり疑問が残りますね(笑)。

5つの殺人事件が発生し、風祭警部が迷推理をぶちかまし、麗子と愛里は呆れつつも逆らえず、事件は難航。
悩む麗子が、〈ディナーのあとで〉影山に事件の経緯を話して聞かせると、影山はあっさりと事件の絡まった糸を解きほぐし、解決をしてみせる。
もう、ど定番の展開でミステリーとしても軽めなので、いくつかの事件は単純脳のミステリ音痴な私でも、真犯人やトリックが分かったりもするんですが、このシリーズの魅力はそこではなくて、キャラだと思ってますんで、ノープロブレム。

キャラといえば、風祭警部。シリーズ1~3作で、難事件解決のお手柄を横取りしたが故に、警視庁に異動したはいいけど、〈やっぱり使えないから〉と国立署に左遷されてしまって、意気消沈してるかと思いきや「国立署には僕がいないと駄目なんだね」・・・うん、この人も相変わらずですね。
風祭モータースの御曹司なのに乗ってる車はジャガーだし、麗子と愛里を「子猫ちゃんたち」と呼ぶセクハラ発言はするは、珍推理で現場を引っ掻き回すは、麗子じゃなくても「呪いたい・・」という気分になっちゃうでしょうね。

新キャラの可愛い後輩刑事・若宮愛里・・・この子は、天然なんですかねぇ。空気読まずにストレートに「違うと思います」とか言っちゃうあたり、新人類と言うか大物感があるんですけど、私、最初はこの子も実はご令嬢なんじゃないかと思ってたんですよね。本作の段階では、そういう背景は描かれてないし、読み終えた現在では微妙な気もするんですが。
だとすると、国立署って「とりあえず、扱いが面倒なセレブな刑事を集めておいて、管理を楽にする」存在だったりするのかしら、とか想像して面白かったんですけど、違う・・・だろうなぁ。

麗子と影山の関係は相変わらずで、影山の秘密が明かされるとか、そういうことがなかったのはちょっと残念でした。
もしこのシリーがまだ続くなら、そろそろ新展開がほしいかな・・・なんて思ってしまいました(笑)。

(2022.08.30 読了)

この記事へのコメント