『最高のオバハン ~中島ハルコはまだ懲りてない!~』/林真理子 ◎

最高のオバハン2.png
前作『最高のオバハン ~中島ハルコの恋愛相談室~』に引き続き、フードライター・いづみをお供に、様々な人達のお悩みに解答を与えていく女社長・ハルコ。
本作『最高のオバハン ~中島ハルコはまだ懲りてない!~』でも、相変わらずの押しの強さでグイグイくる調子は変わってません。
タワマン住まいのセレブでも、韓国人コーディネーターでも、美魔女でも、ハルコが「甘ったれてんじゃないわよ!」「こうしたほうが、有利じゃないの」と正論やハルコ哲学をぶん回した末に、力技で解決解答を与えられていきます。
・・・まあ、その勢いの凄さやアクの強さ、私みたいな平々凡々な小市民はとてもじゃないけど、相手にして貰えそうにもありません(笑)。
林真理子さんの描くオバハン、キャラが濃くて今回もしっかり楽しませていただきました!

いづみとしては、「なんだかハルコさんに振り回されて、割りを食ってる気がする、美味しいものが食べられるといってもだいたい割り勘だし」なんて言ってますが、ハルコはいづみの悩みにも何回もアドバイスを与えてるので、そんなに損してないと思いますよ(笑)。
何でもズバズバ言っちゃうハルコには女友達がいないので、なにかっちゃ誘いやすいいづみの存在は、案外大事みたいですし。
ハルコは前作でも今作でも盗難にあってるんですけど、動揺してるときの頼りにするのがいづみということで、いいコンビなんでしょうね。
ちょっと年齢の差があるのも、逆にいいのかもですね~。

美味しいものを食べながらのハルコ流の「人生の薙ぎ倒し方(笑)」を聞いてると、なんだか読者の私でも「まあ、いっちょ頑張ってみますか」という気になります。
もちろん、ハルコみたいなバイタリティーもないし、いづみのようなキャリアもないので、私なりに、私にできそうな範囲で・・・ってことになりますが。

しかし、いづみもなかなかのタマですよね。
ハルコの紹介で大企業グループの婚外子御曹司・熊咲と知り合って恋人関係になったかと思えば、煮え切らない関係にウジウジ悩み、更には熊咲との交際を続けつつ妻子持ちとの不倫にも手を出す、そして最終的にはハルコに背中を押されて熊咲がいづみの方の姓を名乗る形での結婚に漕ぎ着くという。
ハルコと友人関係?を続けられるには、これぐらいのタフさが必要なかもしれません(笑)。

そんないづみへの本書での最後のアドバイス、実はハルコの上手な嘘だったわけですが、いやいや私も騙されましたわ~。ハルコならこれぐらい数奇な人生を生きてきた女将と知り合いだって言われても、全然違和感ないですもん。
そんな嘘をついてでも、いづみと熊咲の結婚を後押しするなんて、ハルコって面倒見は良いんですよねぇ。
もしかしたら「まあ、いづみさんたちが上手くいかなくて別れることになっても、それはそれでいいんじゃないの。1回結婚しておけば、周りもやいのやいの言わなくなるでしょ」ぐらいは言いそうですけど。そしてそれは半分ぐらい本心じゃないか、って気もしますけど(笑)。

続編があってもいい感じなので、楽しみに待ちたいですね。

そうそう、本作も二重表紙で、大地真央さん&松本まりかさんの写真カバーをめくると、どピンクの背景にシャンパン片手にポーズを取ってる着物姿のハルコが描かれてます。ザ・貫禄って感じです(笑)。指輪からイヤリング、髪留め、帯留めに至るまで、お高そうな宝石でガッツリ彩られてます。もちろん、不敵な笑みは標準装備ずみ。・・・絶対私、叩きのめされるなぁ(笑)。

(2022.10.07 読了)

この記事へのコメント