『創られた心 ~AIロボットSF傑作選~』/ジョナサン・ストラーン編 ◎ (アンソロジー)

創られた心.png
超絶文系人間のくせに、〈AIとかロボットが人間と関わる物語〉が大好きな私。
『創られた心 ~AIロボットSF傑作選~』というタイトルからしてもう、直球ド真ん中って感じです!
創元社SF文庫では、いろいろな種類のSFのアンソロジーを出してるんですねぇ。
そして編者のジョナサン・ストラーンさんは名アンソロジストだそうですが、存じ上げませんでした。
16編の、様々なAIやロボットやアンドロイドなどの人工的に作られた知能を持つ機械あるいは装置の物語が詰め込まれた、非常に興味深いアンソロジーでした!

とりあえず、いろいろな名称がありそれぞれ細かくは違うと思うのですが、ワタクシ文系人間なので難しい分類を理解することが出来ません。ということで、それぞれの物語に出てくる「創られた心」の持ち主たちを総称して〈ロボット〉あるいは〈AI〉と呼ばせて頂くことにします。

「働く種族のための手引」ヴィナ・ジェミン・プラサド
職種の全く違うメンターロボットと新人ロボットのやり取り。ラストが可愛い。
「生存本能」ピーター/ワッツ
AIの生存本能VS人間。
「エンドレス」サード・Z・フセイン
空港運営AIが吸収された先は・・・
「ブラザー・ライフル」/ダリル・グレゴリイ
戦争の時に犯した失策のトラウマにとらわれている男。
「痛みのパターン」トチ・オニェブチ
訴訟資金を回すために、仕組まれた状況。
「アイドル」ケン・リュウ
裁判に勝つために、陪審員を想定した仮想人格を組み上げる弁護士事務所。
「もっと大事なこと」サラ・ピンスカー
スマートハウスでの事件を調べる探偵は、AIたちの反乱を知ることになるが。
「ソニーの結合体」ピーター・F・ハミルトン
サイバネティクス技術で、体を作り変えた女の復讐譚。
「死と踊る」ジョン・チュー
メンテナンスをしてくれる修理ロボットとの絆でよみがえり、アイスダンスを踊る。
「人形芝居」アレステア・レナルズ
乗客全員が死亡してしまった宇宙船のロボットたちが、なんとか生き残りを図ろうとする。
「ゾウは決して忘れない」リッチ・ラーソン
醜い人間の欲望の中をさまよう存在。カタはついたのか?
「翻訳者」アナリー・ニューイッツ
発達しすぎてしまって人間の理解を超えてしまったAIを、翻訳する。
「罪喰い」イアン・R・マクラウド
世界は荒廃し、すべての人間がデータ化される。最後に残った人間をデータ化しに来たロボット。
「ロボットのためのおとぎ話」ソフィア・マサター
素晴らしいロボットを発表する直前に、メモリの奥底におとぎ話を格納する研究者。
「赤字の明暗法」スザンヌ・パーマー
ロボットの所有権の運用で生計が成り立つ時代。
「過激化の用語集」ブルック・ボーランダー
ロボットを支配するために「苦痛」を与えた人間、そこを乗り越えようとするロボット。

私の好きな〈ひと〉と〈機械〉の間で揺れる物語も、私が考えたこともなかったような方向性の物語もあり、本当にバリエーション豊かでした。
まあちょっと、読んでて興味がわかなかったり理解できなかったりするものもあったのも、事実ですが・・・。

一番好きなのは、「働く種族のための手引き」ですね。
メイドカフェで働く新人ロボットのメンターが、殺人ショーの出場ロボットだというのもすごいし、そんな彼らが「可愛い犬の動画」の話題で盛り上がってるのも微笑ましい。メンターが新人のためにプレゼントをしたり、彼女の機体を買い取りしたりという思いやりなど他者のための行為ができるというのも素敵。ラストに蝶ネクタイ付きのコーギーを描いたオムレツを彼に作ってあげる、なんていう新婚さんみたいなやり取りがもう、本当に可愛い。途中殺人ショーで彼が追い詰められるシーンが有るのだけど、そこからメイドカフェの色々(クリームブリュレ用のガスバーナーやアライグマ)を利用して切り抜けて、脱出するっていうのもなんとも面白かったですね。

「赤字の明暗法」も気に入りました。
ロボットを所有し、その労働力の運用が収益(赤字もあり)として手に入るという設定が金融投資みたいで面白いし、自分1人で所有するロボットの稼働率が悪くなったらその様子を見に行き修理する主人公に優しさを感じるし、自分のロボットが襲撃されたのをなんとか救い出したあとにその賠償金でその機体を買い取って、一緒に暮らすようになるとか、とても楽しめました。

色々な物語があり、人間と対立するもの、融和するもの、人間を利用して進化しようとするもの、独自の発展を遂げて人間と隔絶するもの、どれもがもしかしたら、我々の現在の先にある世界かもしれません。
私としては、願わくば〈人と機械が調和しお互いを発展させる世界〉そして〈2者の間には隔絶ではなく敬意と親しみのある関係がある世界〉であってほしいです。
超絶文系人間の、甘っちょろい考えかもしれませんが。それでも。

今はまだ〈機械や装置〉には、『創られた心』はないけれど。
いつしか〈ひと〉と〈機械〉の狭間で揺れ動く者たちの『創られた心』が、踏みにじられることなく大きく飛翔する世界が来るかもしれないと思うと、なんだかワクワクします。そんな気持ちをもたせたくれた、このアンソロジーを読めてよかったです。

(2022.10.30 読了)

この記事へのコメント