『機巧のイヴ ~帝都浪漫篇~』/乾緑郎 ◎

『機巧のイヴ』、『機巧のイヴ ~新世界覚醒篇~』に続く、〈機巧のイヴ〉シリーズ第3作目、『機巧のイヴ ~帝都浪漫篇~』。面白かったですわ~。グイグイとその世界に惹き込まれました。乾緑郎さんの描く、スチームパンク風SFでありパラレルな発展を遂げた世界の物語、素晴らしかったです! 前作『新世界覚醒篇』から更に時を経て、大正時代に似た通天という年号の時代。機巧人形(オートマタ)の伊武は、矢絣に女袴という服装で女学校に通っている。親友のナオミは、前作のフェル女史の娘で、金髪碧眼の美少女である。ナオミはとあるきっかけで知り合った男・林田に心惹かれていく。林田は妻子ある無政府主義の活動家で女たらしではあったが、ナオミに対しては誠実な対応をしていた。やや過保護な母親・フェルに林田と会うことを反対されたナオミは、逆に家出をし、林田の母親のお夕の元に身を寄せ、ひと夏を過ごした。林田に連れられ天府に戻ったナオミは、大震災に遭い、一度は家に戻るものの、お夕の安否を心配する林田と共に再度お夕に会いに行き、怪我したお夕を人力車の車夫・重五郎に任せ、林田と共に徒歩で天府を目指す。しかし、二人は憲兵に捕らえられ、証拠隠滅のためナオミは首を折られて、命を失った・・・はずであった。 物語の舞台は、大陸の新国家・如州(満州?)の映画撮影所へ移動する。新人女優に身をやつした伊武は、今は映画製作所の理事長となった元憲兵・遊佐の身辺を探るうちに、遊佐に連れ出されてしまう。実は映画製作所の地下には、巨大な研究施設があり、そこではナオミの…

続きを読む

『狗神』/坂東眞砂子 ◎

来た来た、坂東眞砂子さんの〈ザ・土俗民俗学系ホラー〉ですよ~。山間の村で、じわじわと村人たちを追い詰め、狂気の行動を起こさせた『狗神』憑き。この物語は近代以前の話ではなく、〈平成〉に入っているという設定なのである。更に舞台は高知県とくれば、水無月・R大歓喜モード。・・・いい!非常にいい!!じわじわと浸透していく、不信感と悪夢と狂気。 狗神憑きといえば、同じく坂東眞砂子さんの『鬼神の狂乱』でも山間の村を駆け抜けた狂気が描かれましたが、なんせそれは江戸時代の話。こちらの物語は、初出平成8年当時の高知県のとある村での出来事を描いているから、主人公たち含め村人たちの生活は現代的(まあ2022年現在では、現代的とは言いかねるけど)でリアル。そのリアルに、民俗伝承である〈狗神〉が忍び寄り、人々を恐怖に引きずり込み、恐ろしい行動をさせてしまう。いやぁ、怖かったですね。〈狗神憑き〉そのものは、正直言って現実としては受け入れられないというか、物語だから信じて読めていました。物語の中でこそのリアル、だったような気がします。 私が少女時代に住んでいたのは、高知県と言ってもこのような山間ではなく高知市内でしたので、こんな人間関係が濃く狗神という非科学的なものが信じられているような世界は、未経験ではありますが。それでも、平成が終わって令和の時代になっても、もしかするとこのような狂乱が発生するかもしれない、それぐらい人間は弱く疑い深く、防衛のためには集団で狂気を爆発させるかもしれない、という感じがして、怖かったですねぇ。…

続きを読む

『ユニコーン ~ジョルジュ・サンドの遺言~』/原田マハ ◯

女流作家・ジョルジュ・サンドが疫病を避けるため過ごした、ベリー地方のブサック城。その壁に掛かっていた「貴婦人と一角獣」という連作タピスリーは、彼女を魅了した。夢の中で、貴婦人はサンドに請い願う。「私をここから連れ出して」と。それを果たせなかったサンドの物語。この『ユニコーン ~ジョルジュ・サンドの遺言~』という物語は、そんな風に要約できてしまう、短い物語です。私が知っている原田マハさんの絵画にまつわる、複雑で因縁の深い物語とはちょっと一線を画しているような・・・。 だからといって、面白くなかったわけではないのですが、どうも終わり方が中途半端で。サンドがブサック城に滞在したのも、そこに「貴婦人と一角獣」シリーズがあったのも史実だし、そのシリーズが修復されてクリュニー中世美術館に所蔵されていることも事実。その史実や事実をどのように膨らませて物語にするか、ということが物語の面白さになると思うのですが・・・。 この物語の主人公をサンドにしてしまったがゆえに、何故タピスリーが「ここから連れ出して」と言ったのか(このまま城で朽ちるのを避けたかったのでしょうけれど)、ブサック城が人手に渡ったあとどういう変遷を辿ったのか、ということが描かれなかったのが、残念でした。サンドに幻想(夢)を見せてしまうぐらい魅力的なタピスリーを、美術館館長のソムラールがどのようにして手に入れ、修復し、その過程で彼もきっと見たであろう幻想(夢)がどんなものだったのか・・・なんて物語があったら良かったのにな、と思ったのでした。 この…

続きを読む

『タイタン』/野崎まど ◎

おお!すごく面白かった!!巨大なAI・タイタンが世界の調整を取り、人間の世話をしているという世界観。なんでもタイタンがやってくれるため、人間は〈仕事〉をせず〈自由〉を謳歌することになった時代。そんな世界で、人間ではなく『タイタン』の〈仕事〉に焦点を当てた物語、とても面白かったです!野崎まどさんは初めて読む作家さんですが、こういう作風、好きですねぇ。 水無月・R、超絶文系人間のくせに、ロボットやAIとかそういう物語が大好きです。大好きですが、サイエンスな理論とかは、全然理解できてません(笑)。そんな私でも、とても楽しめたんですから、非常におすすめな作品です!! 人間に奉仕し、人間のために発展し続けるAI、タイタン。世界に12基あるその中の一つ、北海道弟子屈に拠点がある通称・コイオスが、機能不全を起こし始めたことにより、心理学を趣味としている内匠成果に〈コイオスのカウンセリング〉が依頼される。それは〈趣味〉ではなく〈仕事〉。管理者・ナレイン、エンジニア・雷、AI研究者・ベックマンとともに、まずはコイオスの〈人格形成〉から始め、なんとか人型を形成することができたコイオスとの対話を始めた内匠は、カウンセリングを進める。 と、導入部分だけあらすじを追ってみたんですが、かなり長くなりそうなので、もうやめます(笑)。まずAIをカウンセリングする、という設定が面白い。人類のために発展し続けるAIだけれど、その不調を対処するためにタイタンの意識?に人型(人間サイズ)をとらせ、人と会話するようにし、人的な思考回…

続きを読む

『レスキューナースが教える 新型コロナ×防災マニュアル』/辻直美 ◯

今年の4月に『レスキューナースが教える プチプラ防災』を読みました。そして、今度は『レスキューナースが教える 新型コロナ×防災マニュアル』の番です。〈コロナ禍で災害が起きても生き抜く!〉なんて書いてあって、なんとも物々しいんですが、内容はもうちょっとソフト。国際災害レスキューナースである辻直美さんの、コロナ徹底対策と災害時のWithコロナ対応策、しっかり読ませていただきました。 この本が出版されたのは2020年11月。当時と今では、コロナに対する世の中の受け取り方が大分変わってきたこともあり、この本の対応策が絶対かというと、そうではないですが。それでもやっぱり、〈感染症対策〉の基本は大事ですよね。 医療従事者である辻さんのコロナ対策は、一般家庭ではちょっと厳しすぎるかな・・・という気もしますね。やった方が良いんだろうけど、さすがに全部は出来ない。特に消毒徹底は、なかなか難しいですよねぇ。とはいえ、手洗いやうがいの基本はちょっと手抜きになってたな、と反省。これはしっかりやって、身に付け直していくことにします。 それとコロナ対策の章の一番最後に「コロナ時代は`オモロク`生きよう」とあり、メンタルも大事だよなぁと、思いました。〈コロナで外出を我慢してる〉と思うか〈外出できないんじゃなくて、外出しないで自分や家族を守ってる〉と思うか、どちらがメンタルに良いかって、そりゃ前向きな方。メンタル弱ると、免疫力も下がりますしね~。そして〈多少太っても気にしないおおらかさが、今は必要〉だそうです(笑)。わぁい…

続きを読む

『怪談のテープ起こし』/三津田信三 ◯

はぁ・・・、読んじゃったよ。読み終えちゃったよ・・・。フィクションなのは、わかってる。わかってるけど!!三津田信三さんの実録風ホラー短編集、何が怖いって〈フィクションなのはわかってるのに、なにか自分に障りがあるんじゃないかという気がしてくる〉ことが怖いんですよ!!『怪談のテープ起こし』、何度もホラー短編小説の合間に挟まれる〈念押し〉にビビらされました。小心者の水無月・Rでございます。 三津田信三さんのこういう実録風ホラー短編集と言えば、『どこの家にも怖いものはいる』とか『わざと忌み家を建てて棲む』とかありましたけど、また新たな方向性が出てきましたね~。 ホラー短編の雑誌連載のため、集めていた怪談の取材テープだったり自殺者の遺言テープだったりを、担当編集者・時任女史が書き起こしてくれたのだけど、だんだん時任女史の身辺におかしなことが起こり始める。その危機を察知した三津田さんが、時任女史に「もうテープ起こしはしてはいけない」と注意するも、女史はなんだかんだと理由をつけて書き起こしをしては、三津田さんにその原稿を送ってくるのであった。その原稿を参考に6つの連載短編を書き上げ、それらを1冊にまとめようということになり、それらの短編に加えて時任女史に起こった怪異やそれについての三津田さんの意見を加えるという構成が決まり、校正も終了する。そして、最後の最後に、怪異のテープがこつ然と現れ、時任女史は体調を崩し、三津田さんはそのことを終章に書き加え、物語は幕を閉じる。~読者の皆さんが〈水〉にかかわる薄気味の悪…

続きを読む

『つかず離れず婚 ~定年世代の新しい生き方~』/和田秀樹 ◯

タイトルだけ見ると、不穏な感じがしなくもないんですが、どちらかというと事を荒立てずになんとか上手いこと老後を過ごす方法について、色々書いてあるなぁと思いました。著者・和田秀樹さんは、自ら高齢者専門の精神科医を称してらっしゃるお医者さんです。私は本書『つかず離れず婚 ~定年世代の新しい生き方~』でいうところの〈つかず離れず〉の大事さ、とっても身に沁みました(笑)。いや、我が家の夫はまだ定年まで10年以上あるんですけどね、ずーっと二人で家の中で顔を突き合わせて生活していく・・・と思うと、息が詰まるなぁ!と思うんですよ(笑)。 まず「はじめに」で〈この本は「定年後の夫と、死ぬまで仲良くやっていくための指南書」ではありません。〉と書かれているのが、非常に気持を楽にしてくれましたねぇ(笑)。かと言って〈即離婚して自由になろう!〉という話でもないところがミソ。私も、そこまでは思っちゃいません(笑)。 ほどほどの距離をあけて、束縛や依存で苦しまないように、それぞれ自立して過ごす豊かな老後、それを手に入れるためにはどうしたら良いか、というのが本書の内容。実際、ホントそれ大事ですわ。定年後、ずっと家にいる夫、そのくせ家事はしない、こちらの行動には口を出してくる、だけどこちらから言い返すのが面倒で黙って従ってしまう・・・わかるわかる、今だってそれに近い状態なのに、ホント勘弁してほしいわぁ、って思っちゃう。 なので、スラスラと読みやすい内容ながら、読み流さずに把握しなくちゃいけないポイントが有ったと思います。まず…

続きを読む

『恐怖小説 キリカ』/澤村伊智 ◎

とりあえず夏になったしホラーでも読むかな~、となるとやっぱり澤村伊智さんだよねぇ、でも『ぜんしゅの跫』は予約の順番がまだ回ってこないんだよなぁ、じゃあ比嘉姉妹シリーズ以外でどうかな?ということで、本書、『恐怖小説 キリカ』を選んだのだけど。あばばばば・・・、これはアカンやつやん。絶対、アカンやつやん。色んな意味で、ホラーでした(笑)。 とりあえず、読み終えて、「これ、ネットにレビュー上げて大丈夫なんだろうか」と思ってしまった私を、思い切り笑ってやって下さいまし。いや、フィクションなのは分かってますよ?でも、でもですね。新人作家・澤村伊智が『ぼぎわん』でホラー大賞取って、次作が『ずうのめの人形』で、3作目は別の出版社から『恐怖小説 キリカ』って、まんまじゃないですか。こういう行動原理で、殺人を犯す人間がいるかもしれないという、恐怖。しかも「その後ー文庫版あとがきにかえて」まで、気が抜けないんですよ。この小説を間違った解釈をして行動する者まで出てきて、もしかするとそれは私が書いてるレビューに過剰反応するかも知れない・・・とかね、思っちゃうわけですよ。いや、そんなわけないですけど。 ある意味、「小説家のイメージを利用して、フェイクドキュメンタリーを書いてはどうかという講談社の提案」という設定、すごいですよね。そして、その展開を小説化したものを、この世に出してしまった講談社、恐るべし。ですよねぇ。ホントに〈リアル澤村さん〉は、講談社にそう言われたのかしら。その発想をここまで膨らませてひねりを利かせて描…

続きを読む

『吾輩も猫である』/赤川次郎 ほか(アンソロジー)◯

夏目漱石没後100年&生誕150年を記念して編纂された、猫好き作家による〈猫アンソロジー〉、『吾輩も猫である』。どの〈猫〉も、愛らしく懸命に生きている姿が、とてもほほえましかったですねぇ。どちらかというと猫派なワタクシ、どの物語も「うふふふ・・・」とニヤケ顔で読んでおりましたよ。 「いつか、猫になった日」赤川次郎何故か猫になった私の死因は心中?「妾は、猫で御座います」新井素子天然作家の陽子さんが飼っている猫は、人を守っている。「ココアとスミレ」石田衣良猫が集会ですることは。「吾輩は猫であるけれど」荻原浩猫の四コマ漫画。猫って自由。「惻隠」恩田陸とある機械と語る猫の尻尾の数は?「飛梅」原田マハ公家猫の若様、京を下って筑紫に来た経緯。「猫の神様」村山由佳主を思う猫、背中を押す。「彼女との、最初の1年」山内マリコ芸大生の女の子と暮らし始めた野良猫。 どの猫も、それぞれその猫らしく小生意気ながらも健気に主を思っているのが、本当に微笑ましくて、良かったです。特に「飛梅」の若様。かなりの苦難の生い立ちから、御所脇の和歌の先生のところで保護され、病がちで弱ってるところを福岡で「猫本専門」のネット本屋を営んでいる店主に引き取られるまでの経緯を描いたお話なんだけど。弱っている若君を先生を始めとした女性たちが一生懸命に「乳母」として看病し、こんな病弱ではとてもではないけれど福岡まで連れ帰っても・・・と店主に伝えたのに対し、「私は若君を幸せにしたい、すべての猫は幸せになるために生きている」と応えた店主。それを聞いて…

続きを読む

「縄紋』/真梨幸子 ◯

真梨幸子さんと言えば、イヤミスの女王。本作、『縄紋』は、イヤミスと言うほどではないにしても、ちょっとエグい描写もあったし、やっぱり最後に「マジかよ!!」と叫んでしまうような展開があったりして、なかなかに楽しめました。特に後半。ちょっと前半は、「縄文時代」の認識が甘かった私がついて行けなくて、大変でしたが(笑)。 フリー校正者の興梠は、自費出版の『縄紋黙示録』の原稿の校正を依頼され取り組み始めるが、「縄文」ではなく「縄紋」であるところから引っかかったり、古代史への知識が少ないため苦労する。歴史学に詳しい元同僚・一場を呼び出し、レクチャーしてもらうはずが、なし崩しに同居する羽目に。調べれば調べるほど、縄紋(文)文化の文化水準の高さや異様さが浮き彫りになり、また現代との関連性もかなりあると分かってきて、『縄紋黙示録』の内容や雰囲気に引きずられるようになる興梠と一場。実は『縄紋黙示録』を著したのは、夫と娘を猟奇的に殺し拘置所に収容されている容疑者・五十部靖子。この本を出すことで「精神に異常があるため責任能力がない」と判断されることを期待しているのでは・・・?と思われている。五十部の弁護士の小池、編集者の牛来、その前任者の望月なども、『縄紋黙示録』の異様な吸引力に引き込まれ、常軌を逸していく。 と、あらすじを書こうとして、書ききれないな~難しすぎるわ~と、途中で断念しました。まず、冒頭にも書きましたが私が認識してた縄文時代って、それこそ作中でも一場たちが言ってたけど「縄文時代とは歴史の授業の最初の1時間…

続きを読む